身長

兄弟で身長差が出るのはなぜ?遺伝だけでは片付けらえない身長の伸びる要因まとめ

身長に関する話題になると、必ずと言っていいほど出てくるのが「両親や兄弟姉妹の身長は……」という、身内の身長との比較ではないでしょうか。

しかし通常ならば「両親ともに高身長(低身長)だから、自分や兄弟も高身長(低身長)」となりそうですが、現実にはそうでない事が多いのです。

双子の少年たち

というのも、実際には「父親は高身長で弟もかなりの高身長、なのに自分だけ身長が伸びない……」「両親も兄弟も身長が平均以下だけど、自分だけは平均身長を大幅に越している」など、同じ両親から生まれた兄弟間で身長差があるのは、全く珍しくありません。

そこで、どうして同じ両親から遺伝子を受け取っているのに兄弟で身長差がでてしまうのか、その理由をまとめました。

最終身長と遺伝の関わり

身長と言えば、どうしても「遺伝」というイメージが根強いかと思います。しかし驚くべきことに、最終身長を決定づける遺伝の影響は「約25%」と、かなり低い割合なのです。

もしも遺伝が身長を決定づけるならば、たとえば兄弟のなかでもさらに一卵性双生児の場合、まったく同じ身長になるのが当然です。しかし実際にはかなり身長差がある一卵性双生児も存在します。

さらに兄弟を越えたレベルでは、同じ民族間においても平均身長が大幅に異なることが報告されています。遺伝子が身長を左右しているのなら、このような兄弟間、民族間で大きく身長差が生まれることはほぼないと推測できるため、やはり「身長は遺伝なのに、兄弟で身長差があるのはおかしい!」とは言えないのです。

兄弟でも身長差が出るのは遺伝ではないから!?

では同じ両親から遺伝子をひきついでいる兄弟間で身長差が出るのなら、遺伝とは関係のない残り「約75%」はどのような要因が最終身長を左右しているのでしょうか。

ここで登場するのが、身長を伸ばすために欠かせない3大要素といわれる「睡眠」「運動」「栄養素」です。これら3つの生活習慣を正しくキープすることが、成長期の子供の身長アップを促すためには重要なのです。

身長が伸びるために必要なこと

そもそも身長を伸ばすために必要なのは、「骨を伸ばす」ことです。背骨や足の長骨(大腿骨、脛骨、腓骨)が伸びることで縦方向に身体が成長し、必然的に身長が伸びます。

大人と子供の脚

では骨はどのようにして伸びるのでしょうか。成長期の子供の骨には軟骨部分があり、その軟骨が増殖し硬く骨化することで長く伸びた大人の骨へと近づきます。この軟骨部分は骨の両端付近にあり、ライン状になっていることから「骨端線」と呼び、そこにある軟骨を「骨端軟骨」と呼びます。

そこで「いかに多く骨端軟骨を増殖させることができるか」が最終身長を高くするために重要であり、このキーを握っているのが「成長ホルモン」なのです。

成長ホルモンとは

成長ホルモンとは脳の下辺りにある小さな脳下垂体という部位から分泌されるホルモンの一種です。「成長」という語がつくように、成長期の子供の時期には生体機能を高めて身体を大きくし、身長を伸ばすために働きます。

※成長期が終わった後も生涯分泌されており、身体を正常に機能させ生命を維持するための働きをします。

成長ホルモンは直接骨端軟骨に届くルートと、肝臓を通って「IGF-I(別名「ソマトメジン-C」)」という物質となり、骨端軟骨に運ばれるルートがあります。どちらのルートでも成長ホルモンは骨端軟骨の増殖を促し、結果的に身長を伸ばす重要な役割を担っているのです。

このように身長を伸ばすために必要不可欠な成長ホルモン――兄弟間で身長差が出る場合、この成長ホルモンの分泌量に差があると考えられます。そして成長ホルモンの分泌に深く関係しているのが、先述した「睡眠」「運動」「栄養素」なのです。

兄弟でも身長差が出る理由1:睡眠

昔から「寝る子は育つ」という言葉がありますが、これは医学的にも根拠があります。なぜなら睡眠中は、1日のなかで最も成長ホルモンが分泌される時間だからです。

とはいえ、単に横になっているだけでは成長ホルモンは分泌されません。成長ホルモンが最も分泌されるのは入眠後3時間以内であり、そのあいだにぐっすりと熟睡し、脳が休んでいなければならないのです。

そのため兄弟であろうとも、どちらかが夜更かしを常習化していたり、なんらかのストレスを抱えてよく眠れない時期があった場合は、身長差がでてしまうのです。

兄弟でも身長差が出る理由2:運動

では運動をたくさん行っている場合はどうでしょうか。実は過剰に運動をしても、成長ホルモンは分泌されにくいばかりか、反対に身長が伸びなくなるケースがあります。それは「一部の筋肉のみを発達させる」運動です。

筋肉トレーニングはほどほどの適量ならば支障はありません。しかし成長期に筋肉や軟骨を損傷させるような過剰な負荷をかけた筋トレを長期間続けると、骨端軟骨の増殖が阻まれてしまいます。

反対に身長を伸ばすために有効な運動は、縄跳びやバスケットボールなど「ジャンプする機会が多い」ものが挙げられます。これらは縦方向に骨に刺激を与えることができるからです。

そのため兄弟で異なるスポーツをしている場合は、やはり身長差が出てきてしまいます。

兄弟でも身長差が出る理由3:栄養素

栄養素に関しても、やはり成長ホルモンの分泌に関わります。なぜなら成長ホルモン分泌を促すアルギニン(アミノ酸の一種)をはじめとした栄養素や、身体の各機能を正常に働かせ、軟骨の成長にまでエネルギーを回すために欠かせない栄養素が多く存在するからです。

さらには骨の材料となるコラーゲンやカルシウムなどの摂取量によっても、骨の成長速度が変わることは想像に難くありません。

兄弟といえども食事内容に好き嫌いがあったり、食事量に差があれば、体内に摂取する栄養素に偏りができてしまうことがあります。そのためやはり成長期に摂取した栄養素も身長差に影響を及ぼすのです。

兄弟であっても身長差は珍しくない!

兄弟、家族間でも身長差が出るのは珍しいことでは全くありません。身長は遺伝の影響ではなく、大部分は「睡眠」「運動」「栄養素」に依るものです。

青空と子供たち

そのためもしも現段階で成長期の兄弟で(年齢差を差し引いて)身長差が見られる場合は、生活習慣のどこに違いがあるのか、目を配ってみられてはいかがでしょうか。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る