身長

身長を伸ばすにはカルシウムとアルギニンどっちを摂取すべき?成長期に欠かせない身長アップ成分とは

子供のころに身長が伸びなくて悩んでいると、親によく言われたのが「カルシウムが足りないんじゃない? もっと牛乳を飲んでみたら?」という言葉……、というような経験をお持ちの方、おそらく多いですよね。

牛乳とメジャー

以前は「身長を伸ばす=カルシウム」というイメージが強く、カルシウム摂取のためにはいくら苦手でも牛乳や小魚をたくさん食べなくてはいけないと、広く信じられていたかと思います。

しかし最近、子供のために身長サプリメントについて調べるうちに、「アルギニン」という成分が身長を伸ばすためには重要だという情報が多く記載されているのを発見! 「身長アップにはカルシウム」という考えは間違っているのでしょうか。

そこでアルギニンとカルシウム、両方の働きを比較して、身長を伸ばすにはどちらの成分を摂取すべきかまとめました。

アルギニンって何?

「アルギニン」という成分名は、サプリメントに関心がなければ一般的にはあまり知られていないかもしれません。しかしこのアルギニンは1886年にマメ科植物の芽から発見された、アミノ酸の一種。

「アミノ酸」と言い換えれば、「身体づくりに欠かせない身近な成分」というイメージになるのではないでしょうか。

アミノ酸は、自然界においては約500種類も存在し、そのうちの20種類が人間の身体を組成し生命維持に必要不可欠とされています。

この生命維持に欠かせない20種類のアミノ酸のうち、11種類は体内で生成できる「非必須アミノ酸」、残り9種類は体内で生成できないために外から摂取しなくてはいけない「必須アミノ酸」に分類されます。

通常アルギニンは「非必須アミノ酸」に分類されます。しかし成人に満たない成長期の時期には、アルギニンの生成量はわずかであるため、外から摂取を必要とする「(準)必須アミノ酸」に分類されるのです。

※加齢によってもアルギニン生成量は減少するため、中高年の方にとってもアルギニンは「(準)必須アミノ酸」になります。

成長ホルモンって何?

アルギニンの働きを説明する前に、身長を伸ばすために欠かせない「成長ホルモン」についてご説明します。

成長ホルモンとは、主に脳の下部にある「脳下垂体」という部位から分泌されるホルモンの一種です。この成長ホルモンは、身体が未熟な成長期の子供の時期において、骨や筋肉など、身体中の器官を成長・発達させる役割があります。

男の子2人

身長を伸ばすためには骨、特に背骨と脚の長骨(大腿骨、脛骨、腓骨)を伸ばす必要があります。そして骨を伸ばすためには、骨の両端のあたりにある「骨端線」に存在する骨端軟骨を増殖させ、固い大人の骨にする必要があるのです。

先述した成長ホルモンは、血流に乗って直接骨端線に届く場合と、肝臓を経由してそこでIGF-1(ソマトメジンC)という成分に変わって骨端線に働きかける場合があります。

どちらの経路にも関わらず、成長ホルモンは骨端線にある軟骨を活性化させて増やすことで、骨を伸ばし、最終的には身長を伸ばす働きがあると言えるのです。

アルギニンと成長ホルモン

ここでアルギニンに話を戻します。アルギニンは、身長を伸ばす多大な働きを持つ成長ホルモンの分泌を促し、成長ホルモンの働きを身体中に行き渡らせる働きがあります。

そのため、体内でほぼ生成できないアルギニンを外からあまり摂取していなければ、成長ホルモンの分泌量に悪影響を与え、結果として身長が伸びないことにつながるのです。

カルシウムって何?

では次に、カルシウムの働きについてご説明します。

「骨」と言えば「カルシウム」というように、昔から「カルシウムを摂取すれば骨が丈夫になり、元気に育つ」というような連想があるかと思います。

身体にあるカルシウムの99%は、骨に貯蔵されています(全体重のおよそ1.5~2%)。残りの1%は血液や筋肉など、骨とは別の組織に存在しています。

ただし骨はカルシウムのみで出来ているわけではありません。骨は中心部から「骨髄」「海綿骨(軟骨下骨)」「皮質骨」「骨膜」という層でできており、骨の端部分には「軟骨」の層が存在します。

「海綿骨(軟骨下骨)」「皮質骨」部分の20%はコラーゲンが占め、骨のしなやかさを司っています。カルシウムもまた「海綿骨(軟骨下骨)」「皮質骨」部分に存在し、骨の70%を占めています。コラーゲンが骨のしなやかな土台を支え、カルシウムがその周りを固めているイメージです。

そのため、たとえばカルシウム不足によって起こる疾患「骨粗鬆症」は、いうなれば穴がたくさん空いているコンクリートのように、骨がスカスカになってもろくなり、少しの衝撃で折れやすくなっている状態なのです。

骨の代謝機能

ではカルシウムをたくさん摂取すれば身長は伸びるのかと言うと、残念ながら「骨を伸ばす」働きはカルシウム自体にはありません。

ただし、骨には「古い骨を破壊し、新しく再生する」代謝機能があり、もしも材料であるカルシウムが不足していれば、骨は新しく丈夫に生まれ変わることができないのです。

身長を伸ばすにはアルギニン

以上から、身長を伸ばす働きに直接関わりがあるのは「アルギニン」です。そのためカルシウムと比較して、「身長を伸ばすためにより積極的に摂取してもらいたいのはアルギニン」と言えます。

エビを食べる子供

しかし決してカルシウムは摂取しなくてもよい、という意味ではありません。カルシウムもまた丈夫な骨を作り、また他の器官を正常に働かせるための役割も担っています。

そのため、身長を伸ばすためにはアルギニンをたくさん摂取しつつ、健康的に育つためにカルシウムも摂取するように心がけましょう。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る