身長

身長が伸びない病気の種類はどんなものがあるの?低身長症になる可能性が高い疾患まとめ

子供の成長を楽しみにしている親御さんのなかには、同年齢の子供たちのなかでご自分の子供の身長が低いと、「なにか身体に問題があるために、普通よりも身長が伸びないんじゃないの?」と気になってしまうかと思います。

小学生女子3人

多くの場合は病気ではなく、単に身長の伸びが平均よりも低くなっているだけなのですが、やはり中にはなんらかの疾患としての「低身長症」が存在します。

ではどのあたりの基準(病気で身長が伸びない目安)から「低身長症」だと判断できるのでしょうか。低身長症と判断する方法と身長が伸びない病気の種類について、まとめました。

成長曲線で低身長のレベルチェック!

まず子供の身長が問題のあるレベルなのかどうかを調べてみましょう。それには「成長曲線」を活用するのが簡単かつ最適です。成長曲線は(母子保健法により)乳幼児の場合は母子手帳に書かれており、インターネット上でも多くのサイトで掲載され、ダウンロードできるようにもなっています。

成長曲線とは、該当する身長・体重が、日本国内の同年齢の子供たちの身長・体重の平均値からどの程度「離れている」かがひと目でわかるようにグラフ化されたモノ。全体が100、中央の平均値を50としています。

そしてこの成長曲線を使いながら「子供の身長の伸びが正常かどうか」を確認するには、「SDスコア」が重要です。SDスコアとは平均値からどの程度離れているのかが明確に分かる数値であり、「-2SD」よりも身長が伸びない場合は「低身長症」と判断できます。

※標準SDスコアは「+2SD~-2SD」です。

もしも「-2SDほどではないが、身長が他の子供と比べて低い」というレベルならば、いわゆる病気ではなく、「睡眠」「栄養」「運動」に気をつけることで成長ホルモンの分泌を促し、自然と身長が伸びることが期待できます。

しかしもしも身長が「-2SD」以下に分類されるレベルならば、次のような低身長症である可能性が高まるのです。

身長が伸びない病気1:成長ホルモン分泌不全性低身長症

子供の身長が伸びる最も大きな要因に「成長ホルモン」が挙げられます。

成長ホルモンとは脳下垂体という小さな部位から分泌されるホルモンであり、子供のみならず生涯を通して分泌されます。

しかし特に成長期にはこの成長ホルモンは、骨の軟骨部分の増殖を促すことで身長を伸ばす役割があります。そのため「身長が通常想定されるよりも伸びない」のならば、成長ホルモンの分泌量自体が正常値ではない可能性があるのです。これを「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と言います。

診察を受ける子供

現代においても原因ははっきりとは解明されておらず、「遺伝性」もあれば「突発的な遺伝子異常」、事故などなんらかの「外的要因」などが挙げられます。

検査によって「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と診断された場合は、成長ホルモンを人為的に分泌させるための投薬治療や、注射による成長ホルモンの投与などの治療が施されることもありますが、治療が認可される割合は多くはありません。

身長が伸びない病気2:甲状腺機能低下症

ノド部分にある甲状腺から分泌される「甲状腺ホルモン」もまた、成長ホルモンと同じく、骨の増殖を促し身長を伸ばす作用があります。そのため「甲状腺機能低下症」の場合、甲状腺ホルモンが正常に分泌されなくなるため、低身長症を引き起こす可能性があります。

原因は様々であり、先天性の機能障害から「甲状腺炎」という疾患によるものまであります。

身長が伸びない病気3:SGA性低身長症

「SGA性低身長症」とは「子宮内発育不全」による低身長症を指します。SGAとは“Small for Gestational Age”(Gestational Age=在胎月齢)の頭文字から取られており、子宮内ですでに平均の大きさよりも身長・体重ともに小さく、当然ながら出生時にも低身長の状態です。

ただしこの場合は、通常3歳までには平均的な身長となり、最終身長まで低身長であることはほとんどありません。しかしなかには成長スピードが正常値にならず、低身長のままで成長が止まるケースもあります。

身長が伸びない病気4:染色体異常による低身長症

先天性の染色体異常(遺伝子異常)による低身長症も、いくつか存在します。

代表的なものは「ターナー症候群」と呼ばれ、女子にのみ発症する性染色体異常(欠損)による疾患です。確率としては、1/2000人と言われています。

また「プラダー・ウィリー症候群」という、性別にかかわらず発症する染色体異常による疾患もあり、この確率は1/10,000人と言われています。

身長が伸びない病気5:軟骨以上による低身長症

子供の時期には骨に軟骨の集合体である「骨端線」があり、ここに存在する「骨端軟骨」が増殖し硬い大人の骨になることで身体が成長し、身長もまた伸びます。

そのため、身長が伸びるために欠かせない軟骨自体を形成出来なければ身長が伸びず、低身長症になってしまうのです。軟骨の疾患としては「軟骨無形症」「軟骨低形成症」があり、この2つの疾患を合わせて「軟骨異栄養症」と呼びます。

身長が伸びない原因は複数あります!

低身長症になる原因は複数にまたがり、また同じ疾患であっても根本原因が異なる、というケースも存在します。また上述した5つの代表的な低身長症の他にも様々な疾患が想定されるのです。

赤ちゃんと母親

もしも子供さんの身長が伸びず、なんらかの疾患が疑われる場合は、かかりつけの小児科医に相談することをオススメします。ただしわずかな成長の遅れに過敏になり、子供さんに不要なストレスがかからないように、また親御さん自身もストレスを感じないようにご注意ください。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る