身長

子供に起こる成長障害って何?成長障害の原因と原因別対処法まとめ

子供のいるご家庭では、おそらく出産前から子供の成長速度について色々と気をもみ、我が子の身体的な大きさが平均値と比べてどうなのか、頻繁にチェックされることもあるかと思います。

赤ちゃんとママ

しかし「うちの子供、低身長で心配。成長障害かも……」と思われても、多くの場合は「平均値よりも少し小柄」というレベルで、日常生活内で改善を試みればぐんっと身長が伸びる事はよくあります。

とはいえ、やはり残念ながら生活習慣の見直しだけでは対処のできない「(子供の)成長障害」が存在します。そこで最近よく言われるようになった「成長障害」とはどのようなものであり、どのような原因が考えられるのか、またその対策方法についてまとめました。

子供の成長障害は成長曲線から判断できる

成長障害とは、なんらかの原因によって「身体の成長(主に身長)」が著しく遅れてしまう(または早まる)疾患を指します。子供の年齢における平均的な標準身長をもとに、その数値よりも大幅にはずれて低い(もしくは高い場合もあり)場合は、成長障害の可能性が高いと推測できます。

このように成長障害かどうかを判断するために標準身長を見るには、「成長曲線」が使われます。成長曲線は母子手帳にも掲載されており、乳児の時期から月齢ごとに子供の成長速度が標準数値と比較してどの程度近い、もしくは離れているのかをご自身で確認することができるようになっています。

※成長曲線はインナーネット上で簡単に無料でダウンロードできます。

標準身長からどの程度子供の身長を離れているのかを表す数値は、標準偏差(Standard Deviation)と呼ばれ、略して「SD」と表されます。

このSD数値が「-2SD以下」であれば低身長症、「+2SD以上」であれば高身長症の疑いがあるため、専門医を受診して成長障害の原因の解明と適した対策を施す必要が出てくるのです。ただし「-2SD以下」であっても、およそ9割の子供は原因不明という報告があります。

成長障害の代表例

何らかの原因が存在することで成長障害が起きている場合、以下のような疾患が代表的なものとして挙げられます。

※成長障害のなかには原因不明のものや、両親からの遺伝が強く出ているものもあるため、すべての成長障害に「原因となる特定の疾患」がある訳ではありません。

ホルモン異常による成長障害

まず成長障害の原因として、ホルモン分泌に関する疾患によって引き起こされるタイプがあります。代表的な疾患は「成長ホルモン分泌不全性低身長症」「甲状腺機能低下症」の2つです。

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」は、子供の骨の軟骨部分の増殖を促す成長ホルモンが、脳下垂体から十分に分泌されず、骨の成長が著しく阻害されるがために身長が伸びない成長障害です

乳児と幼児

成長ホルモンが通常通りに分泌されなくなる理由の多くは原因不明なものの、中には「脳腫瘍」によって成長ホルモン分泌不全が引き起こされている場合もあるため、早急な対応が必要です。ちなみに「成長ホルモン分泌不全性低身長症」に遺伝性はほぼ見られません。

「甲状腺機能低下症」は、喉部分にある甲状腺の分泌が低下し、成長ホルモンと同じく骨の軟骨部分の増殖が阻害されてしまう成長障害です。

ホルモン異常による成長障害の対処法

「甲状腺機能低下症」の場合は内服薬による治療方法があります。

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」の場合は、もしも治療を行う必要性があると判断された場合は、1日1回(基本的には就寝前)、保護者の方や子ども自身で成長ホルモン剤をお尻や太腿に注射する方法が取られます。

治療期間は数年(基本的には(骨が伸びる余地がなくなる)成人に達するまで)に渡りますが、医療費の補助制度が適応されるなど、サポート制度が整っています。

染色体異常による成長障害

染色体異常によって引き起こされる成長障害があります。代表的なものは「ターナー症候群」「プラダーウィリー症候群」です。

「ターナー症候群」は女性にだけ発症する成長障害です。先天的に遺伝子内のX染色体のひとつが欠けていることで起こり、女性の低身長症の1割程度を占めると言われています。

ターナー症候群は「低身長」「女性ホルモンの不足」、またそれに伴う合併症など身体疾患はあるものの、発達障害とは異なるため、社会的には問題なく過ごすことが出来ます。

しかし男女ともに発症する、15番染色体の変異によって起こる「プラダーウィリー症候群」は、筋肉量の低下や過食、発達障害の面があり、社会への適応能力が低い(コミュニケーションを取るのが難しいなど)こともあります。

染色体異常による成長障害の対処法

「ターナー症候群」の場合は、女性ホルモンの低下が問題となるため、女性ホルモンを投与します。また「プラダーウィリー症候群」とともに、成長ホルモン剤を投与する対処法もあります。

子宮内発育不全による成長障害

子宮内で育っている時から成長が遅く、生まれた時点で小柄な状態の成長障害を、「SGA性低身長症」と言います。

小さく生まれてきたとしても、多くの子供は3歳までに標準身長にまで成長します。しかし「SGA性低身長症」の場合は、3歳の時点でも低身長のままです。

低身長のままで成人を迎える以外にも、弊害として肥満や糖尿病のリスクの高さが挙げられます。

子宮内発育不全による成長障害の対処法

他の成長障害と同じく、成長ホルモン剤を投与する方法が取られます。

成長障害は早めの対処を!

その他、骨の疾患や臓器異常などが原因の成長障害が存在します。

過剰に子供の低身長を気にして、成長障害を疑うべきではないですが、目安として「-2SD以下」の場合、まずはかかりつけの小児科でご相談し、専門医を受診されることをオススメします。

ボールを蹴る幼児

もしも成長障害の原因がはっきりと判明した場合は、早い年齢から対処をし、あとになって後悔が残らないようにしましょう。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る