身長

成長期にやってはいけないダイエット方法とは? 10代のダイエットが招く驚くべき大きな弊害

ダイエットは古今東西多くの人がチャレンジしていますが、なかなか続かなくて結局常に「痩せたい!」と言ってしまう……、なんてことはないですか?

「10代のころはいくら食べても太らなかったのに」と思う大人は珍しくないですが、なんとここ数年、小学生を含む10代のダイエット願望が広がりを見せているというのです。

細身の女性

小学生のモデルやアイドルなどが増えたことで、細い体が憧れとなり、成長期の過程であるのに細さを求めてしまう子供たち。

しかし成長期の段階でダイエットをするのには、安易に考える以上にリスクを伴うのです! そこで成長期にやってはいけないダイエット方法とその理由、またオススメのダイエット方法についてご紹介します。

成長期の体と食事制限ダイエットの危険性

成長期の子供が安易にダイエットを行おうとする時、一番多い方法は「無理な食事制限」です。たしかに「食べない」という方法が一番手っ取り早く、ダイエットの成果が出そうに思います。しかし、「食事を摂らない=栄養を摂らない」ということは、成長期の体に想像以上の後々まで響く弊害を起こすのです。

小学生から高校生の男女でダイエット願望があるかを問うあるアンケートによると、男子よりも女子の方が圧倒的に数が多く、また実際にダイエットを行ったこともあることが判明しています。

オシャレに目覚めたり友達と自分を比較したりなど、容姿コンプレックスが生まれる成長期・思春期の女子は、ダイエットの罠にはまりやすい時期とも言えるのです。

そのためまずは、「女子が行うダイエット」におけるリスク・弊害について挙げていきます。

成長期の女子に起こるダイエットの弊害

まず女子の場合、生殖器もしくは生殖機能に害が出ます。最近の成長期におけるダイエットで頻発しているのが、「生理が遅れる。止まる(生理不順)」現象やひどい場合には「無月経症」「閉経」になってしまうケースです。

というのも、成長期の段階で必要な栄養素を取り入れなければ、当然ながら体は栄養不足となり、蓄えている脂肪を消費し、生命維持を優先します。すると(成長ホルモンなども含め)女性ホルモンの分泌量が減少したり乱れたりしてしまうため、成長段階である卵巣機能の発達が未熟なままで止まってしまうのです。

生理不順の段階で食事をバランスよく摂るようになれば、多くの場合は再度ホルモン分泌が正常化し、生理も再開されます。

しかしもしも卵巣機能が未発達なままで過ごしてしまうと、将来的には不妊症になる可能性が高まります。

腹部を押さえる女性

さらに女性ホルモンの分泌量が減少し、同時にカルシウムなど骨の材料となる栄養素まで不足していることで、骨密度も低下してしまいます(閉経後の更年期の女性の骨密度が低下しやすいのと同様)。

成長期の段階で骨密度が下がってしまうと、この先正常値に上がることは難しく、将来的(もしくは成長期の時点で)には骨粗しょう症になってしまうことが想定されます。

ちなみに、日本人の初潮を迎える平均年齢は12才であり、体重は43kgとのこと。体脂肪率で見ると、20%から下がるほどに生理不順のリクスが高まると言われています。

成長期の栄養不足が招く多大なリスク

では成長期の男女ともに、食事制限ダイエットをした場合には、どのような弊害が考えられるでしょうか。

成長期とは、体だけではなく「脳」が成長している過程でもあります。そのためこの脳の成長期に栄養不足になってしまうと、脳機能が正常に完成しないままで発達が終わってしまう可能性があるのです。

また「骨」「筋肉」の成長においても、栄養不足では未発達なままで成人になってしまいます。

栄養不足、たとえばカルシウムや鉄分が不足した場合には貧血となり、様々な臓器や神経、脳機能が衰えてしまいます。

成長期における栄養不足は体が大きく成長しないばかりか、あらゆる機能が未発達なままになってしまうため、「疲れやすい」などの弊害以上に、成人後の人生においてもリスクが高いと言えるのです。

睡眠時間がダイエットになる!?

では成長期において、体の発達に負担を掛けずに健康的に痩せるにはどうすればよいのでしょうか。やはり多くの運動をしなくてはいけないのでしょうか。

意外に知られていませんが、実は「睡眠」には脂肪を燃焼させる効果があります。厳密には、睡眠時に分泌される「成長ホルモン」には脂肪燃焼・分解作用があるのです。

さらには、充分に睡眠を取っている人の体内にはホルモンの一種「レプチン」が増え、このレプチンによって食欲が自然と抑えられます。反対に睡眠不足の場合、ホルモンの一種「グレリン」が増え、このグレリンによって食欲が増進されてしまうのです。

※成人の場合、充分な睡眠時間は「約7時間」。しかし成長期の子供の場合は、「9~12才:10~11時間」「13~18才:8~9時間」」が充分な睡眠時間の目安です。

また先述した成長ホルモンを睡眠時に多く分泌させるには、「タンパク質」の摂取を心がけましょう。「就寝3時間前」までにタンパク質を意識した夕食を摂ることで、就寝時には程よく消化され、胃に負担なく良質の睡眠を取ることができるでしょう。

成長期のダイエットはリスクが大きい!

成長期は心身ともに発達段階であり、無理に食事制限ダイエットをしてしまえば、思わぬ大きな弊害が身体機能に残ってしまいます。

眠る子供

成長期には成長ホルモンを多く分泌させる基本の生活を大切にするために、「(良質な)睡眠」「(バランスの良い)栄養素」「(適度な)運動」の3点を守るように心がけましょう。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る