身長

薬(医薬品)とサプリメントの違いって? 身長を伸ばすための薬ってどんなものがあるの?

低身長をはじめ、身体的な悩みを(子供に対しても、自分自身に対しても)なにかしら抱えている場合、サプリメントや薬の力を借りてどうにか良くなりたい、悩みから解放されたい! と願うのは当たり前のことです。

サプリメント、薬

しかし「『サプリメント』と『薬』ってどうして呼び方に区別をつけているの?」――みなさんはこういう疑問をお持ちになったこと、ありませんか? たとえば、お医者さんに処方してもらう薬だけではなく、薬局・ドラッグストアにおいても「サプリメント」と「薬(医薬品)」は区別して販売されていますよね。

そこでここでは、サプリメントと薬の違いをご説明したうえで、「身長を伸ばす薬」についてご紹介していきます。

サプリメントの分類

サプリメントとは、英語の正式名称「ダイエタリー・サプリメント(dietary supplement)」の訳語。「ダイエタリー」とは「食べ物、食品の」という意味、“supplement”は「補助、補足するモノ」という意味のため、サプリメントは「食事を(栄養面で)補助するもの」として捉えられています。
※たとえば、“dietary fiber”は「食物繊維」という意味

またサプリメントは一見「薬」のようですが、実際は「食品」に分類されているため、薬と比べて誰でも簡単に購入することができます。

ただしサプリメントは食品(厳密には「健康食品」)のなかでも、いくつかに分類されます。一般の方でもよく耳にするのが「特定保健用食品(いわゆるトクホ)」と「栄養機能食品」。また平成27年4月より、「機能性表示食品」がプラスされました。これらは厚生労働省が認可した「保健機能食品」に含まれます。

■「特定保健用食品(トクホ)」…国がその製品を個別に審査して、有効性・安全性を確かめ、機能の表記を(消費者庁長官が)許可したもの。

■「栄養機能食品」…国が定める特定の栄養成分の規格基準に合っているもの。

■「機能性表示食品」…事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示したもの。
※販売前に消費者庁長官に、安全性・機能性の根拠が届け出られている。

上記以外の「一般食品」に分類されるサプリメントは、機能性を表示することができません。

簡単にまとめると、サプリメントは「病気の治療・治癒目的」ではなく、「(栄養素を摂取することで)長期的に身体の不調を整えていく」という意味合いがあると言えます。

医薬品の分類

ドラッグストアや薬局で、「現在薬剤師が不在のため、第1類医薬品は販売できません」という表示を見られたこともあるのではないでしょうか。この「第1類医薬品」のように医薬品にもまた、サプリメントと同じく分類があるのです。

薬剤師イメージ

分類のポイントは「副作用」「相互作用」。これらの点から以下のように医薬品は分類されます。

■要指導医薬品・・・これまでは病院での処方が必要だったが、初めて市販薬として発売されるようになった医薬品。薬剤師の説明が義務。
■第1類医薬品・・・「副作用」「相互作用」の点で注意が必要なため、薬剤師の説明が義務。
■第2類医薬品・・・第1類ほどではないが、「副作用」「相互作用」の点で注意が必要なため、薬剤師の説明があったほうが良い(義務ではない)。
■第3類医薬品・・・「副作用」「相互作用」の点で、どれにも当てはまらず、薬剤師の説明が不要なもの。主にビタミン剤など。

以上から、薬剤師の説明が必要な薬ほど「効果・効き目が高い」「成分濃度が高い」という意味ではなく、副作用や相互作用のリスクを回避する必要性がある薬である、と解釈したほうが良いでしょう。

低身長症の薬はホルモン製剤注射

では身長を伸ばすことに関して、なんらかの薬(医薬品)による対処方法はあるのでしょうか。おそらく「かぜ薬のように、手軽に飲めるタイプの身長が伸びる薬があれば……」と考える子供も大人もいると思います。しかし残念ながら、身長に関する薬に「飲み薬」はありません。

ではどのようなタイプの伸長薬があるかと言うと、現在では「注射」になるのです。この注射は、成長ホルモン製剤を血管に注入する目的で使用されます。そのため専門の医療機関にて処方してもらい、在宅にて腕や脚に自身で注射します。

このように、現在存在する「身長を伸ばすための注射」とは「成長ホルモン」の量を増やすために投与します。そのため、単に「身長が平均よりも低い」「もっと身長を伸ばしたい」という理由だけでは処方されません。医療機関で「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と診断されなければいけないのです。
※低身長症には様々な原因があり、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」のみではありません。

さらにはそのなかでも数%の人しか保険が効かないため、保険なしで注射治療を受けるならば、高額な自己負担治療費を払う必要が出てきます。そのうえ残念ながら注射治療を行っても、分泌不全の原因を根本治療するわけではないため、成長ホルモンの分泌が正常になるかどうかは確証がありません。長年治療を行っても、結局成果が出ない、という可能性もあります。

現実的な一歩はサプリメントから

以上から、深刻な低身長症ではないレベルでの低身長に悩みがあるなら、一般の方でも購入しやすい身長サプリメントを活用するのが現実的な対処法です。というのも、通常の食事だけでは身長を伸ばすための栄養素が足りていない場合、その栄養素を効率的に摂取し補うことができるからです。

サプリメントと食材

成長期の子供が身長を伸ばすには、「栄養素」「運動」「睡眠」が欠かせません。足りない栄養素をプラスするために、医師の診断などがなくても購入可能なサプリメントを日常生活に取り入れて、身長が伸びる可能性をあきらめずに広げて行きましょう。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る