身長

大人でも背が高くなる方法はあるの? 背が高くなるための姿勢矯正ストレッチ方法

子供の時だけでなく、大人になってからも多くの場面でつきまとうのが容姿の問題――分かりやすいのが「身長」ではないでしょうか。

社会人の男女

特に男性の場合、平均身長よりも低いことで社会に出た後もデメリット(もしくはコンプレックス)を感じやすいケースは多々あり、「大人になってからでも背が高くなる方法はないだろうか……」と悩んでいる方は多いようです。

そのためすでに成長期を過ぎてしまった大人の方でも試す価値のある「背が高くなる方法」について、ご紹介します。

骨端線は何歳まであるの?

まず身長が伸びることの基本的な知識として、身長が伸びる要因についてご説明します。

身長が伸びる、とは簡単に言えば「骨が伸びる、成長する」ことを意味します。人体を構成しているのは約200個の骨。これらの骨のうち、足を長くして背を高くするのは大腿骨、脛骨、腓骨といった「長骨」です。さらには背骨もまた、成長し長くなることで身長が高くなります。

ではどうすれば骨が成長し、背が高くなるのか。それは「骨端線」という、骨の両端部分に存在する軟骨部分が増殖し、固い大人の骨となることにより起こります。そしてその軟骨の増殖を促すのが、脳の下垂体から分泌される「成長ホルモン」です。

成長ホルモンは主に肝臓を経由してIGF-1(ソマトメジンC)を分泌させます。その分泌されたIGF-1が骨の軟骨部分に作用することで増殖、結果として骨が伸びるのです。

しかしこの骨端線は、残念ながら成長期が過ぎてしまうとなくなってしまいます(軟骨が全て固い大人の骨になるため)。これを「骨端線閉鎖」と呼びます。男子の場合は16歳頃から、女性の場合は15歳頃から思春期が終わりとなるため、その後2年前後で骨端線は閉じてしまうと言われています。

※なかには、男性で25歳ぐらい、女性で23歳ぐらいまで骨端線が残っている方もいらっしゃいます。

ゆがみが背が低くしている!?

では、完全に骨端線が閉じてなくなってしまっている大人の背が高くなる方法はあるのでしょうか。

手術で無理に骨を伸ばす、という多くの方にとっては現実的でない方法以外には、残念ながら成長期のように「骨を長くする」方法はありません。

しかしある程度の骨の「ゆがみ」「縮み」を矯正することで、人によっては5cm程も背が高くなるケースがあるのです。というのも多くの大人がO脚や猫背など、良くない姿勢を取り続けることで縦方向の骨が歪んでしまっており、実際の身長よりも低くなってしまっているからなのです。

姿勢が歪んで背が低く見えるなんて、もったいない! そこで毎日してもらいたい、背が高くなるストレッチを以下に挙げます。

猫背の場合:1.準備運動

まずは縮こまってしまった身体全体を縦方向に伸ばします。その方法は「背伸び」。

両手の指を組んだ状態でゆっくりと両腕を頭上に上げ、足も合わせてゆっくりとつま先立ちします。身体を思いっきり伸ばし、数秒停止した後で肩の力を抜いて腕、足を下ろします。これを数回繰り返します。

※就寝時など横になった状態でも、気づいた時にはこの全身背伸びストレッチを行うのがおすすめです。

猫背の場合:2.丸くなった胸を伸ばす

猫背の場合、肩を前に巻き込んでいるため姿勢が前傾になりがちです。そのため腕を後ろに伸ばし、胸をぐっと伸ばすことが姿勢を正すためには有効。

両手の指を背中で組みます。組んだ両腕を後ろにぐっと伸ばし、胸を伸ばします(開ける感じで)。30秒ほどキープしましょう。

猫背の場合:3.背中の筋肉をほぐす

パソコンなどで凝り固まった背中の筋肉をほぐし、姿勢を良くする「猫のポーズ」をします。

1.目線を床に落としたまま、床に四つん這いになります。この時、鼻から息を吐きます。
2.息を吸いながら、(肩はうごかさず)顔だけを上げて、斜め前を見ます。小顔効果も欲しい場合は、舌を突きだします。
3.息を吐きながら顔を下げて、おへそを見ます。肩はすぼめる感じです。
これを数回繰り返します。

※最初は無理のない範囲で結構です。

ネコのポーズ

O脚の場合:ぺたんこ座り

O脚とは両足を揃えて立った時に、膝の上下部分が離れて、両足の間に隙間ができてしまう脚の形のこと。脚の内側の筋肉が弱っているために、外側に引っ張られている状態です。

脚が外側にカーブしている分、脚の長さが実際よりも短くなってしまっており、必然的に身長も低くなっているのです。

ではまず、ぺたんこ座りストレッチをご紹介します。※最初は無理のない範囲で結構です。

1.床に膝立ちをします。
2.両足のつま先を身体の外側に向けます(足の親指だけを床に付ける感じ)。
3.両手をそれぞれの膝下の骨部分に置きます。
4.膝を曲げないでお尻だけをゆっくりと下げ、限界のところで数秒(出来る範囲で)停止します。
これを5回ほど繰り返します。

O脚の場合:内ふとももエクササイズ

1.身体を真っ直ぐにしたまま、横向きになって床に寝転がります。
2.両膝の間にタオルやクッションを挟みます。
3.両膝に力を入れて、タオルをぐっと挟みます。
4.3の状態で下の脚を(上の脚も一緒に)持ち上げ、床からできるだけ離します。限界のところで数秒(出来る範囲で)停止します。
これを10回ほど繰り返します。反対側も同様に行います。

姿勢で背が高くなる!

大人になってから背を高くする方法のなかで、最も理にかなって近道なのは上述したように「姿勢を正す」ことです。

背伸びをする女性

「そんなことで背が高くなるの?」と疑心暗鬼な声が聞こえそうですが、諦めなければ1cmでも高くなる可能性はあります。また姿勢がよくなるとむくみなどの症状も改善されるため、スタイルもすっきりしやすく、見た目にも背が高くなったかのような変化が期待できます。身長のためにも、ぜひご紹介したストレッチを毎日欠かさずに行って下さい。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る