身長

子供の靴のサイズは正しい? 失敗しない成長期の子供に合わせた靴選びのポイント!

成長期の子供の場合、当然ながら毎日骨や筋肉など身体の各パーツが成長を続け、どんどんと大きくなっていきます。たしかに子供の成長はうれしいことですが、やはり親御さんにとって頭が痛いのが「子供の靴選び」ではないでしょうか。

靴を履いている子供たちの足

成長期の子供は足のサイズがすぐに大きくなるため、なかにはあえて少し大きめの靴を子供に履かせているご家庭もあるようです。しかし子供の足にあった靴選びをしていないと、成長過程で様々な弊害が生じてしまい、子供の健康へのリスクが高まります。

そこでここでは、成長期の子供の靴選びについて、押さえておきたいポイントをまとめました。

現在の子供の靴選び、合っていますか?

まず、子供の現在の足のサイズを正しく把握し、サイズの合った靴を選ぶことができているかどうか、確認してみましょう。

その方法は、「現在履いている靴の中敷き」を使用します。

1.子供の靴の中敷きを取り出します。
2.中敷きのかかと部分と子供の足のかかとを合わせるようにして中敷きに乗ります。
※つま先では合わせません。

3.足先に5~10mm(1cm)の隙間があるかどうか確認します。
4.足幅が中敷きと合っているかどうか確認します。

もしも足先に隙間がないなら、靴のサイズが小さくなっていると判断できます。反対に隙間が広過ぎる場合も、靴のサイズが大きく歩きにくくなっています。

また足幅が合っていない場合も、子供の足に合った靴選びが上手くできていないことを意味しています。

靴の足先に適切な隙間が必要な理由

子供は歩く際に、地面をつかむように足指の付け根部分を曲げます。この指を自由に曲げる可動範囲が十分に確保されていないと、指の機能のみならずふくらはぎの筋肉の発達も妨げられるため、歩くことが苦手な、疲れやすい足になってしまいます。

さらには指が丸まった状態で骨が発達してしまったり、外反母趾や巻き爪になってしまったりする懸念もあります。

また靴のサイズが大きすぎて隙間が空き過ぎていると、靴のなかで足が泳いでしまい、余計な力を指や足裏、ふくらはぎなど足全体にかけてしまいます。歩きにくくなるために無理にバランスを取ろうと姿勢が悪くなり、O脚やX脚、骨盤・背骨・首の骨のゆがみなど、全身にまで悪影響が及ぶ可能性が高まります。

成長期の子供時代に正しいサイズの靴選びができていないと、大人になってからではなかなか改善できない健康上の問題点が多数起きてしまうのです。

正しい子供の靴選びのポイントは?

では、子供の靴を選ぶ際に注意すべきポイントをパーツ別に挙げます。

■かかと
かかと部分は足を支える部分です。歩くたびに靴がパカパカと浮かないかどうか、よく確認しましょう。

■甲
甲の高さはある程度調節が可能です。マジックテープやシューレース(靴ひも)で甲部分をしっかりと固定できる靴を選びましょう。

子供靴各種

※スリッポンタイプは子供ひとりでも履きやすい反面、成長に合わせて甲の高さを調節できないため、あまりオススメではありません。

■足先(つま先)
先述したように、足先には8mm前後の余裕がある大きさにしましょう。また靴の先端部分は反り返っている靴がオススメです。というのも、先端部分が反り返っている方が蹴り出しの時の負担が小さいために、転びにくくなるためです。

■靴底
靴底が厚い、固い素材の場合、歩く際に適切に曲がらずに歩きにくくなります。

また素足で歩く際には指の付け根部分が曲がるのが正常な形のため、靴を履いて歩いた際も同じ箇所が曲がるかどうか、確認しましょう。

靴選びの際は必ず試し履きをしましょう!

子供の足のサイズに合っていそうな靴を選んだら、子供に実際に試し履きさせましょう。

1.靴に足を入れたら、かかと部分を床でトントンし、位置を合わせます。
2.マジックテープもしくはシューレースでしっかりと足と靴を固定します。
3.実際に子供を歩かせて、パカパカと靴が浮いたり、歩き方がぎこちなかったりしないかどうか、確認します。

まだ子供が小さい場合は、自分ではうまく言葉で表現できないことが多いはずです。そのため大人が子供の歩き方を目で見て、サイズや形が足に合っているかどうか判断しましょう。

靴のサイズ表記について

「子供の今の足のサイズは○cmだから」と思い込み、そのサイズの靴を選んだものの、子供の足にしっくりこなかった、というご経験はないでしょうか。

実は靴のサイズ表記は、各メーカーによって若干異なるのです。その理由は、たとえば「サイズ15cm」と書かれている靴の場合、

①靴の中敷きの大きさが15cmの靴
②「足裏の長さ(実際の足の大きさ)」が15cmの子供のために、さらに5~10mmの長さを足している。つまり、靴の中敷きの大きさ自体は15.5~16cmの靴

という、2パターンに分かれるからです。

そのため、もしもちょうど足の大きさが15cmの子供が①のサイズ表記の靴を履くと、少しきつく感じ、②のサイズ表記の靴を履くと、ジャストサイズとなります。

そのため子供の靴選びの際は、同じ靴の「子供の足の大きさと同じサイズ表記」と「もうワンサイズ上」のモノの2サイズを試し履きし、どちらのほうが指の可動範囲が広いかなど、靴選びのポイントに注意してサイズを決定しましょう。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ぶほど重要!

成長期の子供の足は発達段階にあるため、しばらくの期間でも足のサイズに合っていないと、後々思わぬ弊害につながります。

子供に靴を履かせるイメージ

そのため「子供の足はすぐに大きくなるから、大きいサイズを買う」「少々靴が小さくても我慢して履かせておく」ということは避け、適切なサイズの靴選びをするように心がけましょう。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る