身長

睡眠時の姿勢で身長の伸びが変わる!?身長をグングンと高くするために気をつけるべき睡眠ルール

身長を伸ばすためには、「睡眠」「運動」「栄養」の3点が重要なことは、成長期の子供を持つご家庭ではよく知られていることかもしれません。これらは全て「成長ホルモン」を効果的に分泌させることで、身長をグングンと伸ばすことができる簡単かつ基本的な生活習慣とも言えますよね。

眠る子供

たしかに昔から「寝る子は育つ」という言葉が広く伝えられているように、これら3点のうちの「睡眠」という行為に注目すると、大人が思っている以上に子供の成長に深く関わっているのは一目瞭然。

さらには睡眠と身長の関係について調べていると、なんと「睡眠時の姿勢」までもが身長の伸びに関わっているというから驚きです!

そこでここでは、成長期の子供の身長の伸びと睡眠、睡眠時の姿勢について注意すべき点をまとめました。

睡眠と成長ホルモンの関係って?

まずは冒頭で簡単に触れた、「睡眠と成長ホルモンの関係」について再度ご説明します。

成長ホルモンとは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンであり、生涯を通じて生体活動を支える、生きるために重要なホルモンです。成長期の子供の身体にとっては、大きく成長するために働くまさに「成長(のための)ホルモン」なのです。

この成長ホルモンは成長期の子供の骨にだけある「骨端線」という軟骨(「骨端軟骨」と呼ぶ)が集まった部分に働きかけ、軟骨を増殖させます。軟骨が増殖し硬い骨となることで、骨1本1本の長さが長くなるため、結果として身長が伸び、身体全体も大きくなります。

このように身長を伸ばすために欠かせない成長ホルモンですが、1日中変わらずに分泌されているワケではありません。成長ホルモンの分泌量が最も多い時間帯は、「入眠後3時間以内」なのです。

ただしこれは、ベッド(布団)に入ってからダラダラと目が覚めていても……、という意味ではありません。入眠後3時間で「深く良質な眠り」についている時、という条件があるのです。

ちなみに成長ホルモンは、眠っているあいだ中はずっと分泌されています。しかし分泌量に変化があり、一番ピークなのが「入眠後3時間以内」。そして起床時間に近づくにつれて、(波型を描きつつ)減少し
ていきます。

姿勢の悪さの弊害って?

身長を伸ばすためには「良質な睡眠」が重要なことは、お分かり頂けたかと思います。そこでさらに「睡眠時の姿勢」、つまりは寝相まで身長の伸びと関係がある、という驚きの事実についてご説明します。

まずは睡眠時に関わらず、良い姿勢は高身長を導くことに注目します。最近では現代社会の弊害のひとつとして、背中の丸まった「猫背」の人が、大人のみならず子供にまで広がっているのです。

というのも、現代ではPCを使ってのデスクワーク(子供なら当然机に座っての勉強)やスマホ、携帯ゲームなど、背中を丸め前かがみになって行う作業が増えています。また子供であっても、夜遅くまでスマホなどを触り、長時間を猫背の姿勢で過ごす機会が増えていると言われています。

携帯ゲームをする少女

姿勢が悪く猫背の場合、デメリットは「見た目が良くない」ということだけではありません。前かがみの姿勢は知らず知らずのうちに内臓を圧迫し、消化器官の働きを鈍くする可能性を高めます。さらには血流も滞りがちとなり、酸素や栄養分などが身体のすみずみまで充分に届かなくなるのです。

身長を伸ばすために必要な要素のひとつは「栄養」です。つまりは身体が健康でなければ、成長ホルモンは充分に分泌されず、骨が順調に伸びるのも難しくなることは想像に難くありません。

さらに猫背を代表とする「悪い姿勢」では、実際の身長よりも小さく見えてしまいます。まっすぐと足や背筋を伸ばしていれば縦方向にすらりとしていても、背中を丸めていればその分だけ身長は低くなってしまうのです。

したがって少しでも身長を高くしたいのならば、立っている時はもちろんのこと、座っている時であろうとも背筋を伸ばして、内臓を圧迫しないようにすることが重要です。

睡眠時のおすすめの姿勢って?

では睡眠時の姿勢はどのようなものがよいのでしょうか。結論として、先ほどの起きている時の姿勢と同様に、やはり背中を丸めて内臓を圧迫するのは、できるだけ避けたほうがよいのです。

そこで背中をきれいに伸ばすことができる寝相として、「仰向け」がおすすめです。多くの人が横向けになって寝ていることが多い傾向にあるようですが、横向けでは背骨が歪んだり消化器官に負荷をかけるだけでなく、筋肉の付き方にも偏りが出ます。

睡眠中ずっと仰向け状態というのは難しいかもしれませんが、少なくとも入眠時は仰向きで寝るように心がけることで、身長が少しでも高く伸びることが期待できるのです。

睡眠時間は成長のチャンス!

睡眠時の姿勢までもが身長を左右するとは、意外かもしれません。しかし睡眠時間は1日に7~10時間程度。もちろんその間ずっと仰向けできれいに寝るのは指南の技ですが、少し姿勢に気をつけるだけで数年後には大きな差となるのではないでしょうか。

仰向けで寝る子供

ただし姿勢のことばかりに気を取られて熟睡できなくては、元も子もありません。成長ホルモンを分泌させるために、適切な時刻に適切な睡眠時間でぐっすりと眠るようにしましょう。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る