身長

子供の身長が低いとどんな場面で困るの?低身長の男性の社会的評価とは

子供の身体的な成長が他のお子さんとくらべて明らかに遅い場合、多くの親御さんたちは心中不安でしかたがないですよね。

子供の身長をはかる親

特に親御さん自身、身長が低い場合、「将来、自分とおなじようなことで困るのでは」と懸念されているのではないでしょうか。

では結局、身長が低いとどのような点で問題になるのでしょうか。ここでは「身長が低い男性」が将来的に直面する可能性が高い問題点について、挙げていきます。

※あくまで一般論のため、全ての低身長の男性に当てはまるわけではありません。

大統領の条件は高身長?!

身長が低くても、能力が高ければ正当に評価される――誠意ある、平等な社会ならば当然ながら間違いありません。人は誰しも、能力を正当に評価される権利があるはずです。

しかし残念ながら、人間は視覚によって他人を無意識に「見積もって」しまう傾向にあります。それが偏見です。

そしてこの偏見は、「身長の低さ」にも適応されてしまうのです。たとえば、全く同じ能力の2人の社員がいた場合、「高身長」の方が高く評価されてしまうのは、珍しいことではありません。

極端に聞こえるかもしれませんが、なんとアメリカでは「大統領の条件のひとつは高身長」とも言われているのです。

身長の高さが収入に関係する!?

アメリカ、オーストラリア、日本の大学で、身長と収入の関係を調べた研究があります。それらの研究結果の要約を以下に挙げます。

【アメリカ ペンシルベニア大学】
イギリス人男性・・・身長が2.5cm高くなる=所得が2.2%増える
アメリカ人男性・・・身長が2.5cm高くなる=所得が1.8%増える

【オーストラリア オーストラリア国立大学】
オーストラリア人男性・・・身長が5cm高くなる=所得が1.5%増える

【日本 大阪大学】
日本人男性・・・身長が1cm高くなる=時間当たりの賃金が1.5%増える

以上の結果から、異なる人種であろうとも「高身長であるほど収入が高くなる」傾向が認められます。

この結果はあくまで平均値であり、必ず身長と収入が比例する訳ではありません。しかし国内外の身長と収入に関する研究結果がほぼ同様の内容であることは、これから身長が伸びる成長期の子供本人にとっても、親御さんにとっても見過ごせない事実ではないでしょうか。

恋愛・結婚にも影響が

さらに「身長が低い」ことへの偏見は、恋愛・結婚にも影響してきます。

先ほど人間は視覚で他人を評価してしまうと述べましたが、やはり多くの女性は男性を視覚(外見)である程度「恋愛、もしくは結婚の対象かどうか」を判断します。

なぜなら、「より有利な条件で子孫を残したい」という本能があるからです。

まず女性は自分よりも明らかに身長が高い男性を見ると、「自分にないモノ(この場合は高身長)を持っている人物」として、憧れを抱きます。なぜなら人は潜在的に、自分が持っていないモノを所有している他者に羨望の気持ちを抱くからです。

この羨望の気持ちは同性に対しても抱くことがありますが、同性の場合は憧れから「嫉妬」へと変化する確率が高くなります。しかし異性の場合は、競争相手ではなく恋愛対象となりうるために、憧れを抱いたままで注目することが多くなります。

このように女性は男性が高身長というだけで潜在的に憧れを持ち、そこから「頼りがいがある」「守ってもらえそう」という「強い男性」イメージを膨らませます。

親子

先述したように、女性は本能的に「より有利な条件で子孫を残したい」と思っています。そのため「強い(強そうな外見をしている)男性」を選ぶことで、「一緒にいると敵から身を守ってもらえる」「強い遺伝子をもらうことで子供も強くなる可能性が高くなる」というように、子孫を含めて自らの生存率を高める選択肢を選ぶ傾向にあるのです。

当然ながら現代社会では「強さ」の定義は様々であり、学歴や収入、社会的地位など、身体的特徴とは異なる点もまた生存本能の観点からはメリットとされます。

しかし残念ながら本能として、「外見で判断できる強さ」が依然女性に選ばれる条件の上位であり、男性は高身長であるほうが恋愛・結婚に関して比較的有利であると言えるのです。

将来で想定されるデメリット対策を

身長が低いというだけで、どれだけ能力が高くても、第一印象で「格下」に扱われ、その偏見はずっと続いてしまう……、このような状況に嘆く低身長の方は少なくありません。

単にルックスの問題ではなく、成人後の社会的地位や収入、恋愛を含む人間関係――つまり人生の全てにおいて見逃せないネックとなるのが「身長が低い」という、視覚的な問題なのです。

ですからもしも「成長が遅い」「最終身長が低いという結果が出ている」など、現時点で低身長になる可能性があるのならば、少しでも早く身長を伸ばす対策をとることをオススメします。

虫メガネをのぞく子供

成長期が過ぎてからの長い人生をより良く過ごすために、早い段階で「身長が低いデメリット」を取り除いていきましょう。

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る