学校

子供の足が臭い!?足の臭いニオイの原因を知って今すぐニオイ対策をしよう!

子供のことで悩む親御さんたちは多いかと思いますが、「子供の足のニオイ」もそのうちのひとつでは? 実は「子供の足が臭い」問題は多くのご家庭で起こっており、まったく珍しくなく、ましてや恥ずかしいことでもありません。

シューズを履いている子供たちの足

しかしどうして子供の足がこんなにも臭い(酸っぱいようななんとも形容できない臭さ……)、という事態に陥るのでしょうか。そこで子供の足が臭い原因とその対処法についてまとめました。

子供の足が臭いのはなぜ?

どうして大人と同じように毎日お風呂に入っているのに、子供の足だけがこんなに異常に臭いのか、不思議に思ったことはありませんか。その答えは「新陳代謝の良さ」にあります。

大人と比べて子供は新陳代謝が活発な分、汗の量が多く、また足裏部分を含め全身の皮膚や皮脂はどんどんと作られます。

さらには、ただでさえ足は汗腺が多いために汗をかきやすい上に、子供の場合は走り回ったり運動をしたりと大人以上に汗をかきやすい生活を送っています。

そんな汗かきの足は、靴下や靴で常に覆われており、温かく湿気のある状態――そのような高温多湿の環境下を好み繁殖する雑菌は、同時に汗や皮脂が大好物でもあるのです。さらには同じ靴を毎日履いていると、靴内にしみ込んだ汗が乾くことなく湿気たままとなってしまい、雑菌がますます増殖してしまうことになります。

靴のなかで雑菌が繁殖・増殖すると、足をどれだけ洗っても、足の嫌な臭いニオイである腐敗臭が取れることなく蓄積されてしまうのです。

※記述している「雑菌」とは、通常は害のない「皮膚常在菌」です。しかし汗や皮脂が増えると、皮膚常在菌が過剰に増殖し、腐敗臭を発するようになります。

足の臭いニオイの原因物質って?

足の臭いニオイを放つ物質の代表的なものに「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」が挙げられます。

この「イソ吉草酸」のニオイは「納豆臭い」とよく表現されます(実際に納豆のニオイにはイソ吉草酸が含まれている)。これは先述した雑菌が汗や皮脂の成分を分解する(いわゆる「食べている」)過程で発生させる弱酸性の脂肪酸です。

そのため足の臭いニオイをなくすには、「イソ吉草酸をいかに雑菌によって発生させないか」がポイントとなるのです。

子供の足のニオイ対処法1:薬用石鹸で殺菌する

まず基本的なこととしては、蒸れて雑菌が繁殖している足を清潔にすることが第一です。

そのため子供が帰宅した際は、すぐに足を洗う習慣をつけましょう。なお足を洗う際は、殺菌作用のある薬用石鹸がオススメです。

足を洗面器で洗うイメージ

また夏場なら、家のなかにいるときは靴下を履かないようにして足元の通気性を良くし、菌が好む「高温多湿」の環境を作らないように心がけましょう。

子供の足のニオイ対処法2:重曹でイソ吉草酸を中和する

石けんで洗うだけでは子供の足のニオイが取れない場合は、すでに発生してしまったイソ吉草酸を、弱アルカリ性の重曹で中和し臭いニオイを断つ、「重曹足湯」をオススメします。

重曹にも種類がありますが、あまりキツイ成分の場合は子供の足の皮膚を痛めてしまう可能性もあります。そのため重曹は「食用」のほうが安心です。

洗面器に約5リットルのお湯を張り、大さじ2杯(30g)の重曹を溶かします。あとは10分程度、足をつけておくだけです。古い角質も取れやすくなるため、雑菌のエサも減り、さらには肌がキレイになります。

※最初はパッチテストを行い、子供の肌に問題がないかどうか確認してください。濃度がキツイようなら、薄くなるように調整してください。

子供の足のニオイ対処法3:足の爪を常に短くする

意外にも、足の爪のなかに雑菌が繁殖している場合があります。

足の爪は手の爪ほど目立たないため親御さんも見過ごしがちですが、子供の足が臭いならば足の爪をこまめにチェックし、伸びすぎないようしましょう。

子供の足のニオイ対処法4:靴の中敷きを毎日入れ替える

できれば靴自体を毎日履き替え、頻繁に靴を洗うことで、靴の中を清潔に保つことがベストです。しかし「なかなか靴を履き替えられない」「毎日洗うのは難しい」という場合には、中敷きを毎日取り替えて洗い、しっかりと乾かすことで、靴のなかを毎日清潔に保つことができます。

繰り返しますが、洗った中敷きはかならず「しっかりと乾かす」ように注意しましょう。湿ったままで履くと、反対に雑菌を繁殖させるお手伝いをしてしまうことになります!

子供の足のニオイ対処法5:靴下を5本指にする

汗で湿った靴下を頻繁に取り替え、雑菌を繁殖させないのは基本的な対処法です。

さらには靴下を「5本指ソックス」にすると、汗・皮脂による蒸れが抑えられるためオススメです。というのも、指と指の間(指同士がくっつくところ)は汗をかきやすく、乾燥しにくい性質があるためです。

5本指ソックスならば、指と指の間にかいた汗を瞬時に吸収するため、雑菌の繁殖を抑えやすいと言えます。また同じような菌の繁殖を抑える効果として、水虫予防効果もあることが報告されています。

最近では子供用の5本指ソックスも多く販売されているため、足のニオイがある場合は子供の頃から5本指ソックスに慣れておくことも良いのではないでしょうか。

子供のためにも足のニオイ対策を!

子供本人も気にしていることが多い足の臭いニオイ。友人の家などで靴を脱ぐ機会があると、子供が傷つく可能性もあるため、親御さんが早めに対処してあげる必要があります。

靴を履いている子供の足

ただしまだ低年齢の子供の場合、大人用の足の消臭剤は刺激が強い場合があります。そのため安易に市販の大人用消臭剤を使って子供の肌が荒れないように、まずは薬用石鹸で足を清潔にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

「ベテランママ」の学校新着記事

新着記事をもっと見る