学校

虫歯が子供に与える、3つの怖い悪影響! 健やかな成長のため虫歯対策は欠かせない!

小さくて可愛い子供の歯・乳歯。そんな乳歯は、幼稚園年長~小学校卒業くらいまでに、永久歯へと生え変わっていきます。

どのみち生え変わるのに、どうして「乳歯の虫歯対策はきちんとしよう」と言われているのでしょうか? ちょっと疑問ですよね。

mushiba5-photoac-640_426

しかし、その疑問は「乳歯の虫歯が子供にどんな悪影響を及ぼすのか」を具体的に知ることで解決されるはず。乳歯の虫歯対策の大切さを再認識しましょう。

虫歯が子供に与える3つの怖い悪影響

乳歯の虫歯は、子供にどんな悪影響を与えるのでしょうか? この章では、乳歯の虫歯によって引き起こされる怖い悪影響を3つご紹介します。

・永久歯が正常に生えてこない
乳歯を虫歯のまま放っておくと、次に生えてくる永久歯が変色してしまったり、生えてくる箇所がズレる可能性があります。

また、乳歯に虫歯があると、同じ口内に生える新しい永久歯にもうつることがあります。一生モノの永久歯を傷めないためにも、乳歯の虫歯はきちんと治しておきたいですね。

・歯並びが悪くなる
虫歯によって乳歯が早く抜けてしまったり、虫歯治療として乳歯を抜くと、抜けた歯の空間を周りの歯が詰めようとします。

それにより、永久歯が生えるスペースが狭まり、歯並びが悪くなることが。歯並びが悪いと子供の発音に影響がでたり、コンプレックスになったりします。

・食欲不振の原因となる
子供には成長のため必要な栄養素をきちんと摂ってもらいたいところ。しかし、虫歯で歯が痛むと、子供はごはんを食べることが億劫になってしまいます。

さらに歯が痛いと、食事をするときに噛む回数が減ってしまったり、痛まない歯だけを使って噛んでしまうでしょう。すると、顎が上手に発達せず、噛む力が十分つかない・顎の輪郭が歪むなどの影響がでることもあります。

日頃からすべき子供の虫歯対策は?

子供の歯が虫歯にならないよう、日頃からどんな対策をすべきなのでしょうか? ご紹介していくので、お家で行っていない対策はぜひ取り入れてくださいね。

・虫歯予防に効果的な歯みがきの方法を知る
虫歯ができやすいのは、奥歯の歯間・溝、上の前歯の歯間・根本、歯と歯茎の間。虫歯ができやすい箇所の磨き残しがないようにしましょう。「自分で上手に歯を磨けない」というお子さんの場合、仕上げみがきを親御さんがしてあげます。「食べたらみがく習慣」をつけてあげられるのが理想です。

また、歯間の汚れをきちんと取り除くためには、1日1回、デンタルフロスを使用しましょう。

子供が歯みがきを嫌がるようであれば、歯みがきグッズを見直してみるのがおすすめ。お子さんが喜びそうなデザインの歯ブラシや、抵抗なく使える歯磨き粉などを選んでみてください。

mushiba12-photoac-640_426

・間食の回数を減らす
あなたのお子さんがお菓子・ジュースを頻繁に口にするのであれば、注意が必要です。口の中が酸性に傾く時間が増え、虫歯になりやすくなってしまいます。

虫歯予防のため、おやつは時間を決めてあげるようにしましょう。普段摂取する飲み物は麦茶・水がおすすめ。

また、ダラダラと長い時間をかけて食事をするのもあまりよくないです。

・親御さんの口から子供の口へ、虫歯菌が移らないよう努める
親御さんの口内にいる虫歯菌を、子供に移してしまわないように気をつけましょう。

そのために、親御さんと子供で同じスプーン・フォーク・お箸・ストローなどは使わないようにしてください。

また、念のため親御さんの口内にいる虫歯菌も減らすようにしましょう。親御さんの歯が虫歯になっている場合は、なるべく早めに治療をしてくださいね。

(とくに3歳までは、虫歯菌を親御さんから移さないよう注意すべきです。「3歳までに虫歯にならなければ、将来も虫歯になりにくい」と言われています)

・定期検診をきちんと受ける
子供の虫歯は見つけにくいです。だからこそ、定期的に歯医者さんで診てもらうべきです。

子供の虫歯発見を遅らせない。子供がなるべく苦しまないためにも、虫歯の早期発見を目指しましょう。

子供の虫歯を見つけたら、早めに歯医者さんへ! 子供が大人しく通うためには?

乳歯は永久歯と比べてエナメル質が薄く、進行が早いです。また、乳歯の虫歯は白色のまま進んでいくので見つけるのが少し大変。(進行すると黒く目立つことも)

「歯が白く濁って見えるかも」「歯の一部が白く浮いて見えるかも」などささいなことでも異変を感じたら、早めに歯医者さんへ行きましょう。虫歯かもしれません。また、子供の「歯が痛い」という言葉も逃さないようにしてくださいね。

また、歯医者さんに行くときは以下の5点を心がけてみてください。子供の「歯医者嫌い」を引き起こさないためのコツです。

・歯医者さんへ行く時間帯は、なるべく子供基準で考える
「親御さんの都合がよい時間帯」ではなく、なるべく「子供の機嫌がよい時間帯」に歯医者さんを受診しましょう。

「空腹時」「眠い時間」などに歯医者さんへ行くと、子供が不機嫌になってしまい、治療がスムーズに進まないこともあります。

・間違った励まし方をしない
「痛くないから大丈夫」「今日は何もしないよ」など、子供を励ますために事実でないことを言ってはいけません。子供と親御さん、歯医者さんとの信頼関係を崩すきっかけとなります。

「どうして歯医者さんに行くのか」をきちんと子供に伝え、必要性の高さを少しだけでも良いので分かってもらいましょう。

mushiba11-photoac-640_426

・子供が楽しめるような歯医者さんに通う
「子供が楽しめる空間」を作っている歯医者さんもあります。例えば、診療後にご褒美としてガチャガチャを回せる、可愛いキッズスペースを配置しているなどなど。

工夫がされている歯医者さんを選び、子供の気分を上げるのもいい手でしょう。

・歯医者さんでは、親御さんも穏やかであることが大切
「子供が歯医者さんで泣き出す」「嫌がって治療が進まない」などなど。忙しい親御さんにとっては「うーん」となってしまうシチュエーションですが、どうか子供を怒らないでください。

また、歯医者さんの診療が終わったあとは、頑張ったお子さんを褒めてあげてください。そうすることで子供は「よし、次も頑張ろう」と思うことができます。

・言うことを聞かせるために「歯医者さんに連れて行くよ!」は厳禁
お家で子供がグズったときに「歯医者」というワードで子供を脅かさないようにしてください。(例:悪い子は歯医者さんに連れて行くよ!)

子供が歯医者さんを恐れる原因となります。

「日頃から虫歯予防を行う」「虫歯を見つけたら早めに歯医者さんへ行く」が、子供の虫歯と向き合う際のポイント!

「日頃から虫歯予防をしっかりとやる」「虫歯を見つけたら早めに歯医者さんへ」が、子供の虫歯と向きあう際に重要なこと。

mushiba6-photoac-640_426
子供の歯みがき嫌いを克服させよう♪ いちご味・優しい成分の歯磨き粉といえばコチラ

子供にはキレイな歯で、たくさん笑ってほしいものです。そのためにも、親御さんが子供の歯をしっかり守りましょう。

「ベテランママ」の学校新着記事

新着記事をもっと見る