学校

流行のキッズ脱毛は何歳からできるの? 子供への脱毛効果は持続する?

子供が大きくなってくると、徐々に目立ちだすムダ毛。あなたは、お子さんに「私(僕)のムダ毛、どうにかしたい」と相談されたとき、どんな解決策を考えますか?

「カミソリでムダ毛の処理をしてあげる」「毛抜きで抜いちゃう」という解決策もありますが、最近はキッズ脱毛で毛を生えにくくするという方法も流行ってきています。

脱毛紹介1

どうして子供がキッズ脱毛をするの? 毛に悩むのはなぜ?

まずは、「子供たちの毛に対する悩み」について理解を深めましょう。

なぜ子供たちが毛のことで悩んでしまうのかというと、

・やんちゃなクラスメイトに「〇〇ちゃんの毛って濃いねー」とからかわれ、精神的にショックを受けてしまった(最悪の場合、いじめに発展することもあるそうです)

・水泳の授業で水着に着替える際、脇・腕・脚の毛が気になる。恥ずかしい

・脇毛が生えてきてノースリーブが着れなくなってしまった。お洒落が大好きなのに、毛のせいで、ファッションに制限ができてしまい悲しい

などが原因のようです。

そして、毛に対する悩みを持った子供は、親御さんに相談。子供の悩みを聞き「子供に脱毛させてみようかな」と思いつき、キッズ脱毛の利用を考える親御さんが多いです。

また、「カミソリを使ったムダ毛処理で、子供の肌が傷つかないか心配」という理由で、親御さんが子供にキッズ脱毛を受けさせるケースもあります。

キッズ脱毛は何歳からできるの?

キッズ脱毛を受けている子供の多くは、エステサロンやクリニックに通っています。スタッフの方が丁寧に説明・施術してくれますし、キッズ脱毛に関する相談にも乗ってくれるので安心です。

また、中には「照射時、肌の痛みをほとんど感じない機械を使っています」と謳っているエステサロンやクリニックもあります。これなら、痛みに対して敏感なお子さんでも、嫌がることなく通うことができそうですね。

そして、キッズ脱毛ができる年齢ですが、通うエステサロンやクリニックによって変わってきます。

「3歳から脱毛可能ですよ」というところもあれば、「7歳からでも脱毛できますよ」というところもあります。子供専用の脱毛コースを設けているエステサロンやクリニックだと、わりと低い年齢のお子さんでも受け付けています。

キッズ脱毛の効果って持続するの?

次は「キッズ脱毛の効果はどれくらい持続するのか」についてです。エステサロンやクリニックに通うとなると、それなりにお金がかかるので、やっぱり気になりますよね。

正直、キッズ脱毛の持続性というのは微妙なところ。なぜかというと、幼い頃に脱毛をしていても、子供が思春期を迎えると、毛の状態に変化が起こるからです。

思春期は、男の子であれば11歳くらいから、女の子であれば10歳くらいから始まる子が多いです。そして、思春期が終わるのは、だいたい18歳くらいだと言われています。

キッズ脱毛紹介2

思春期になると、子供たちの身体の中では、性ホルモン(男性ホルモン・女性ホルモン)の働きが活発に。そこで注意していただきたいのが、男性ホルモンの働きで、男性ホルモンには毛を濃く太くする作用があります。思春期を迎えると、脇やデリケートゾーンに毛が発生するのはこのためです。また、せっかく脱毛をした箇所も男性ホルモンの影響を受け、毛が目立ってきてしまうことも。

(「女の子であれば、思春期を迎えても男性ホルモンの影響ってないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、女の子の身体の中でも男性ホルモンは分泌されるのです)

しかし「子供が抱えている毛の問題を早く解決してあげたい。思春期が終わるまで脱毛を待てない」という親御さんも中にはいます。

もし思春期前や思春期中の子供にキッズ脱毛を受けさせるのであれば、「この先もずっと毛が生えないようにする」という意識ではなく、「今生えている毛をなるべく薄くするために」「子供の毛の処理を少しでも楽にさせてあげたい」という意識で、お子さんを脱毛エステサロンやクリニックに通わせるといいでしょう。

※脱毛エステサロンやクリニックは、女性専用のところが多いです。そのため、もし男の子に脱毛を受けさせてあげたい場合は、事前に問い合わせた方がよさそうです。

家庭用脱毛器の使用はちょっと怖いかも

「節約をしたいので、家庭用脱毛器を使い子供の脱毛をしている」というお宅もあるようです。

確かに価格に関しては、エステサロンやクリニックに通うより、家庭用脱毛器を使った方がお得な場合も。しかし、販売されている家庭用脱毛器のほとんどが、大人向けの商品です。そんな商品を子供の繊細な肌に使うのって、なんだか怖い気がしますよね。

また、家庭用脱毛器だと、照射レベルが子供の肌に合わず、子供が痛みを感じてしまうこともあります。そのせいで、子供が家庭用脱毛器に恐怖心を覚えてしまい、脱毛を嫌がることもあるでしょう。脱毛は1回で終わるものではないので「子供が嫌がっているのに、家庭用脱毛器で脱毛させる」というのはすごく大変なことです。

さらに、家庭用脱毛器は使い方を誤ると、子供の怪我を招きます。例えば、家庭用脱毛器の光を、サングラスをかけていない状態で見てしまい、目に怪我を負ってしまうことがあるかもしれません。

以上のことをふまえ「脱毛をする際も安全第一がいい」と考える場合は、家庭用脱毛器の使用は控えるようにすべき。キッズ脱毛を行っているエステサロンやクリニックを探し、スタッフの方に正しく施術してもらった方がよっぽど安心です。

キッズ脱毛は子供の自信にも繋がる

気になっていた箇所の毛が目立たなくなると同時に、子供の毛に対するコンプレックスもなくなるはず。そうすると、子供も自分に自信がつき、もっと楽しい生活が送れるようになるでしょう。

キッズ脱毛紹介3

大人にとって「毛の悩みなんて小さなこと」と感じるかもしれませんが、子供にとっては重大な問題。もし、お子さんが毛について深く悩んでいるのであれば、思い切ってキッズ脱毛を利用してみてもいいかもしれません。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の学校新着記事

新着記事をもっと見る