学校

不登校の原因にもなる「母子分離不安」とは?その原因とご家庭での対処法

「学校には行きたくない」「ずっとママと一緒にいたい」――このように子供が保育園・幼稚園、小学校に行きたがらず、母親から離れることを過度に嫌がる精神的不安症状を「母子分離不安」と呼びます。

仲の良い母子

母親がそばにいないと子供が強度の不安に陥ってしまう母子分離不安は、不登校の原因のひとつでもあり、子供の体に異変が生じる場合もあります。

ではこの母子分離不安とは具体的にどのような症状であるのか、その原因と子供が母子分離不安になってしまった際の対処法についてご説明します。

乳幼児に見られる母子分離不安による行動と原因

「母子分離不安」とは、子供が母親と離れることに不安を覚えることを指します。そもそもは乳児が離乳時期に不安を覚える感情を意味し、これは誰もが経験をする一般的な成長段階における通過儀礼のひとつです。

たとえば乳幼児に見られる「抱き癖」(母親に抱っこをされていないと不安になって泣く)は、子供が母親に抱っこされていることで愛情を感じ、安心し切っていることの裏返しであり、母子間での愛情による絆の証と言えます。

また乳幼児以降、3歳までには、母親の姿が見えなくなると不安や孤独を感じ、泣いたり母親の後を追いかけたりという行為をします。しかしこれらの行動は生まれながらの「生存本能、自己防衛本能」の現れであり、生き残るために生物に備わっている本能です。

そのため3歳までに見られる母子分離不安による行動は生物として普通のことであり、過度に懸念する必要はありません。

3歳以上の母子分離不安による行動、症状

しかし年齢が上がっている(3歳以上)にも関わらず「母親の姿が見えない=母親がいなくなる」という強い母子分離不安を覚えたり、母親のいない環境内で何かしらのストレスや不安要素があることで、母親という一番親しく安心できる存在を求めてしまい母子分離不安を覚えたりすると、不登校や身体的トラブルなどの問題が表面化します。

母子分離不安による、母親に対する態度や言動の特徴例としては、

・母親にべったりとくっついて離れない
・母親の姿が見えないと不安になる。ひどい場合はパニックになる
・(他に兄弟がいる場合)母親を自分だけのモノにしようと困らせたり、手伝わせたりする
・赤ちゃん返り(抱っこや膝乗りを執拗にせがむ、など)の言動をする
・乱暴行為をする
・人見知りが激しい
・母親と一緒でないと寝られない

などがあり、母親の関心を自分に集中させることで安心感を得ようとします。

またさらに母子分離不安症状が激しくなると現れる体調不良の例としては、

・食欲不振
・頭痛
・腹痛
・嘔吐
・夜尿
・めまい

などがあります。

これらの言動や体調不良の上に、登園・登校が母親同行でないと出来ない、もしくは全くの不登園・不登校に4週間以上もなる場合は、「母子分離不安症」として対処をしなくてはいけなくなります。

3歳以上の母子分離不安の原因

3歳以上の子供が母子分離不安を覚える主な原因に、新しい保育園・幼稚園や小学校に行かなくてはならなくなり、環境の変化に心がついていかなくなることが挙げられます。

幼稚園にいる親子と先生

さらには学校の先生や友人関係など外の世界にトラブルがあると、それが不安ストレスとなって「安全圏」である自宅や母親の側から離れられなくなるケースもあります。

また弟や妹が生まれたことにより、母親をはじめ家族の関心がそちらに向くことで、母親の愛情を独占できなくなった寂しさから母子分離不安を覚えることも珍しくありません。

そのほか、性格的に完璧主義(ちょっとした失敗で自分をダメだと思い込み、人と顔を合わすのが怖くなる)、対人関係に敏感で他者の言動に傷つきやすい、母親が病気、親しい人が亡くなった経験がある、などの原因が挙げられます。

母子分離不安はひどくなると「学校に行くと耳が聞こえなくなる、目が見えなくなる」などの身体的な拒否反応が現れることもあるため、「我慢しなさい」「わがままを言わない」などと頭ごなしに叱ったり、無理に登校させたりしないようにする配慮が必要です。

3歳以上の母子分離不安の対処法

母子分離不安を引き起こしている、子供が抱える不安を解消することが大切です。そのためには、じょじょに母親がいなくても大丈夫だという環境を作らなくてはいけません。

そのため、もしも子供ひとりでは不登校になってしまうならば、

・母親も一緒に登校する
・授業中、教室に母親もいる
・短時間登校から始める

という対策を取り、ゆっくりと子供が学校に慣れるようにしましょう。

また家庭内では子供と一緒にいる時間を増やし、一緒に寝たり遊んだりとスキンシップを多く取ることで、離れていても愛情が減る訳ではなく、また母親がいなくなることはない、という安心感を与えてあげましょう。

母子分離不安症は専門機関で治療を

もしも4か月以上も母子分離不安の言動が見られる場合は「母子分離不安症」かもしれません。

母子分離不安症は現在、年齢や症状に合わせて様々な治療方法が確立されています。もしも子供に母子分離不安症の疑いがある場合は、医療機関にお問い合わせし、専門医にご相談することをオススメします。早めの診断と適切な治療を受けるほど、母子分離不安症は完治する可能性が高まるからです。

一緒に遊ぶ母子

不登校を単なるわがままと片付けるのではなく、そのような不安を抱えるようになった原因を考え、不安になる必要がないことを子供自身が納得できるようにゆっくりと見守っていきましょう。

「ベテランママ」の学校新着記事

新着記事をもっと見る