運動

赤ちゃんは歩く時期が遅いと運動音痴なの? 歩く時期が早い・遅いの原因と重要性

子育てをしていると、赤ちゃんのちょっとした変化に一喜一憂し、過剰に子供の発育について心配したりしてしまいます。特に初めての育児であったり、同じ年頃の赤ちゃんたちと比べてその子ひとりだけが出来ないことなどがあると、親はあれこれとその原因を考えたり、将来的な影響を懸念してしまいがちです。

赤ちゃんとママ

このように親が育児中に赤ちゃんに対して抱く不安要素のひとつに、「歩く」という行為が挙げられます。ハイハイやつかまり立ちをし出して大喜びするのもつかの間、1歳前後になると今度は「うちの子供はまだ歩かないなんて……。もしかして(私に似て)運動音痴?」などと、不安になる親御さんの声は少なくありません。

そこでここでは、「赤ちゃんが歩く時期が遅いこと」と「運動音痴(身体能力、運動能力が低い)」との関連性についてご説明します。

赤ちゃんが歩く月齢・年齢って?

赤ちゃんが歩き出す(一人歩き)平均的な時期は、およそ1歳です。しかしこの年齢には個人差があり、早い赤ちゃんなら「9か月頃」から、遅い赤ちゃんなら「1歳半頃」と言われています。

つまり早い子と遅い子とでは約9か月もの開きがありますが、この程度の範囲ならば特別問題はありません。そのため他の赤ちゃんなどと決して比べず、親御さんは悩まないようにしてください。

赤ちゃんが歩き出す条件

赤ちゃんが歩き出す条件には、身体的な面と心理的な面があります。

まずは身体的な面についてです。赤ちゃんはまず「お座り」からはじまり、「ハイハイ」「つかまり立ち」「伝い歩き」「一人立ち」の段階を踏んで「1人歩き」をします。
※一人立ちをしてから伝い歩きをするなど、赤ちゃんにより多少前後することがあります。

このように段階を踏んでできることが増えるのは、生まれてから徐々に身体機能(筋力、バランス能力など)が発達するからです。赤ちゃんは頭が大きいため、バランスを取るのが難しいという点も見逃せません。

次に心理的な面についてです。一人歩きが遅い赤ちゃんの特徴として、性格的に「慎重」という点が指摘されています。もしも十分に歩く身体機能を持っているにもかかわらず、なかなか一人歩きの第一歩が踏み出せないようならば、それは赤ちゃん自身が「歩きたい」とまだ望んでいないのです。

立ち上がる赤ちゃん

しかしこれは決して悪いことではありません。心の準備がまだできていないだけなのです。ですから親御さんは無理に歩かせようとしたり、叱ったりせず、赤ちゃん自身が納得して歩き出すまで見守ってあげましょう。

「ようやく歩き出したと思った途端に、遠くまで歩き回るから目が離せなくて困る!」という事はよくあります。

筋力と体重の関係

また赤ちゃんの体重によっても、歩く時期に多少の差が出ることがあります。

体重が重い赤ちゃんは足の筋肉が体重をまだ支えられないため、必然的に歩くのが遅くなる傾向にあります。反して体重が軽い赤ちゃんは、必然的に歩くのが早くなる傾向にあります。

1歳半が目安

もしも1歳半になっても歩き出さず不安があるのならば、「1歳半検診」でご相談されることをおすすめします。

身体的な問題なのか、単に性格的に慎重なだけなのか、これらの事が明確に分かれば親御さんも余計な心配をし続ける必要はないでしょう。またもしも仮に身体的な問題の場合は、早急に対処法を専門医にご相談ください。

ハイハイよりも歩く方優先が良い?

赤ちゃんが早く歩き出すことを「運動神経が良い」と喜ぶ親御さんは珍しくありません。また早く歩いた方が発達がよく、将来的にも丈夫で健康かのように思われる方もいるようです。

しかし実際には、赤ちゃんが早く歩くことに懸念の声もあります。なぜならば「早い時期に歩く」ということは、身体機能がまだ「二足歩行」に耐えうるに十分な発達をしていないことを意味します。

そのため長期間にわたって未発達段階で歩くとO脚、偏平足などの変形や、ひどい場合には内臓への負担によるホルモン分泌異常などを引き起こす要因のひとつになりかねないのです。

一人歩きの前段階であるハイハイは、いわゆる四足歩行です。人間の股関節の構造は四足歩行に適しているため、このハイハイの段階でしっかりと股関節を鍛えていなければ、二足歩行になった時に股関節部分に無理が生じて身体機能に問題が発生しやすくなります。

歩行器の使用は有効?

周りの赤ちゃんが歩き出すと、不安になってご自身の赤ちゃんに歩行器を与え、歩く練習をさせる親御さんがいます。しかし歩行器を使って歩く練習をすると、つま先だけで軽く歩き、一人歩きに必要な筋力を育てることはできません。

身体機能を高め、自力で歩く力をつけさせるためには、歩行器の使用は一時的な「遊び」のひとつ程度に考え、長時間・長期間のご使用は避けることをおすすめします。

ハイハイが身体機能のベースづくりに

出来ることが増えるほどに嬉しくなるのは親としては当然です。しかし赤ちゃんの成長スピードは人それぞれ。「何歳に◯◯が出来ないからダメ」ということは(疾患などでない限り)全く問題ありません。

ハイハイする赤ちゃん

赤ちゃんが早く歩くことを望むよりもハイハイをしっかりと行う環境を作ってあげる方が、長期的には重要です。必要な時期に必要な筋力などを鍛え、その後の健康的な身体のベースを仕上げるように心がけましょう。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の運動新着記事

新着記事をもっと見る