運動

大人になって困る子供の日焼けに要注意!紫外線・日焼けを防止するオススメUVカット対策法!

「日焼け」と聞くとシミやシワなどのお肌の老化の原因になるため、「大人(の女性)が気にするべきこと」というイメージを持たれやすいかと思います。

しかし実は最近では、子供の日焼け問題が社会的にも大きく取り上げられ、「子供のうちにこそ、日焼け・紫外線対策をするべき」という考えが浸透しつつあるのです。

真っ黒に日焼けした子供

「子供は一年中日に焼けて、元気に外で遊ぶが一番!」と思われる親御さんもいるかもしれませんが、将来を考えた場合にどうして子供の日焼けが要注意なのか、ご説明します。

子供の日焼け要注意ポイント1.眼病

中高年以上になると、白内障などの眼病予防、もしくは眼病の進行を遅らせるために外出時は必ずサングラスをかけたり、日傘やつばの広い帽子で日焼けや紫外線対策をされている方はよく見かけます。

しかし子供となると、日本ではまだまだサングラスその他の紫外線をカットする行為は「過保護過ぎるのでは?」「子供にサングラスなんてやり過ぎでは?」などと軽んじられているのが現状です。

ところがWHO(世界保健機関)の報告によると、「一生のあいだに浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びる」というのです。

さらには、子供のころから浴び続けている紫外線量が多ければ多いほど、将来早い年齢で老眼や白内障などの眼病になりやすく、眼病リスクも高まるという研究結果が出ています。

その原因は「子供の目は(大人の目と違って)水晶体を通って、目の奥の網膜にまで紫外線が届きやすい」から。

即時的な軽い症状の場合では、夏になると屋外スポーツをしている子供たちが目を真っ赤にし、「結膜炎」を起こすことが多くあります。これもまた、強い紫外線を浴び続けた結果、結膜が日焼け(やけど)をして炎症を起こしてしまった結果です。

子供にオススメの紫外線対策サングラスの選び方

では大切な子供の目を紫外線から守るためには、どのようなサングラスを掛けさせればよいのでしょうか。

UV(紫外線)カット仕様はもちろんのこと、なんとなくガラスの色が濃いサングラスの方が、紫外線をよく防ぐような気がします。しかしこのように濃色ガラスのサングラスは、子供用にはオススメできません。

というのも、濃色ガラスを掛けると当然ながら目は「光が入らなくなった。暗くなった」と判断し、光を取り込もうと瞳孔をぐっと開けます。

しかし残念ながらサングラスの側面からは紫外線が入ってきているため、瞳孔の開いた目ではさらに紫外線を通してしまい、水晶体にまでダメージを与えやすくなってしまうのです。

そのため、子供用のサングラスは濃色ガラスではなく、反対に「透明か薄い色のガラス」のUVカットサングラスを選ぶのがオススメです。

※もしもサングラスを着用することが難しいスポーツをしている場合は、UVカット処理されたコンタクトレンズもあります。ただしコンタクトレンズ使用には年齢や体質によって問題があることもあるため、眼科医に相談しましょう。

子供の日焼け要注意ポイント2.シミ・そばかす、ほくろ

大人になると気になる紫外線の影響として、「シミ・そばかす」が挙げられるかと思います。しかしほくろもまた、紫外線によって後天的に増えていくことをご存じでしたでしょうか。

頬のほくろが気になる女性

ほくろには先天性(生まれつき、遺伝性)のものと後天性のものがあります。後天性のほくろの場合、原因はほぼ「紫外線(日焼け)」です。
※紫外線以外の原因としては、こすれるなどの摩擦やストレスも挙げられます。

というのも、日焼けによって肌が黒くなるのと同じく、ほくろもまた皮膚内部にあるメラノサイトが、皮膚細胞を紫外線ダメージから守るためにメラニンを作ることで発生するからです。

ほとんどのほくろは特に害のない良性です。しかし最近ではオゾン層が破壊されたことによって、肌ダメージ力の強い紫外線C波(UV-C)が地表に届きやすくなっています。そのため紫外線による肌ダメージが強くなり、悪性のほくろや皮膚がんの患者数が増えてきているのです。

※通常UV-C波はオゾン層に遮られて地上にまでは届きません。

そのため親御さん世代の子供時代とは異なり、現代の子供たちは紫外線予防、日焼け対策についてより切実に考える必要性があります。単に「将来シミやほくろが増えて老けないように」というような美容的な観点ではなく、皮膚がんをはじめとした皮膚疾患を防ぐために、子供のうちから日焼け対策は重要と言えます。

子供にオススメの紫外線対策の服装

基本的なことですが、やはり「紫外線(UV)カット加工のされた」以下のようなアイテムを常に身につけることが肝心です。

①つばのついた帽子(ハット)・・・つば幅約7cmがオススメ
②服の素材・・・綿、ポリエステルがオススメ(目が詰まっているため、紫外線を通しにくい)
③服装・・・できれば長袖長ズボン。カーディガンなど脱ぎ着しやすい羽織モノ

ただし真夏はさすがに長袖長ズボンでは、熱中症の心配もあります。そのため手足や顔といった素肌部分は「子供用の日焼け止めクリーム」をこまめに塗り、紫外線から繊細な肌を守るようにしましょう。

帽子とサングラスを着用している子供

まだ子供だからこそ、これからの紫外線による眼病や皮膚疾患になるリスクを避けることができます。今からの紫外線、日焼け対策で子供の将来を守ってあげましょう!

「ベテランママ」の運動新着記事

新着記事をもっと見る