運動

汗をかきやすい人とそうでない人の違いってなに?汗をかきやすい原因と対策まとめ

気温が上がるにつれて気になるのが顔や身体の汗、という方は男女を問わず多いことと思います。しかし中には季節に関係なく、一年中多量に出る汗に悩んでいる人もいますよね。

汗をかく女性

昔から「汗をかきやすい人は代謝が良い」とよく言われますが、汗かきの原因はそれだけではないことが最近では一般的にも知られるようになりつつあります。では「汗をかきやすい人」と「汗をそれほどかかない人」とでは、一体なにが違うのでしょうか。

ここでは、季節(気温)に関係なく汗をかきやすい人に多い原因について挙げていきます。

汗をかきやすい原因1:肥満(皮下脂肪型、内臓脂肪型)

汗をかきやすい人のイメージのひとつに「太っている人」があるかと思いますが、これにはきちんとした理由があります。

太っている肥満体型の人は、身体の皮下脂肪が厚くなっています。この皮下脂肪は、一種の断熱材の機能を果たし、体内の熱を外側に発散させることを阻んでしまいます。

すると当然ながら熱が体内にこもります。そのため身体の体温調節機能が働き、汗が大量に出るのです。

ただしこの原理は「内臓脂肪型肥満」(隠れ肥満)の人にも当てはまります。そのため一見細身の人でも汗をかきやすい場合は、内臓脂肪の量に注意しましょう。特に加齢とともに汗の量が増えた場合は、内臓脂肪が増えている可能性が高いため、食生活や運動習慣の見直しが必要です。

※太っているが汗をかきにくい場合は、熱が身体の内側にこもりやすいため、熱中症になるリスクが高くなります。意識的に熱中症対策を行うように気をつけましょう。

汗をかきやすい原因2:運動不足/運動をよくしている

運動をすると汗をかくから運動をしたくない――このような考えの汗かきの人は、ますます「イヤな汗」をかいてしまう体質になっている可能性があります。

もちろん運動をする人ほど、運動時には汗をよくかくために汗腺が鍛えられ、汗をかくようになっています。しかしこのような運動による汗をかく人の汗はさらっとしていてイヤな汗臭さはありません。

しかし運動をしない人は全身の汗腺が鍛えられていないために、体温調節のために一部分だけの汗腺が働いてベタついた臭い汗が出る傾向にあります。

もしも「運動不足」「局部的な汗」「汗臭い」というキーワードに心当たりがあるのなら、運動習慣を取り入れて、全身の汗腺を鍛えるようにしましょう。

「運動をよくしている」「全身によく汗をかく」「臭いはなく、さらっとしている」なら、汗腺が鍛えられた良い汗のため、体温調節がきちんとできていると捉えましょう。

汗をかきやすい原因3:自律神経の乱れ

交感神経と副交感神経の2種類がある自律神経。人間の身体はこれらの自律神経がバランスを取ることで、循環器や呼吸器、消火器など身体の機能を正常に保っています。

汗をふく女性

しかし徹夜などの不規則な生活やストレスにより、自律神経のバランスが乱れてしまい、身体の各部位に不調が現れることがあります。そしてそのなかのひとつに「汗のコントロール」が挙げられるのです。

「最近急に汗かきになった」「汗以外にも体調が優れない」などの場合は、自律神経の乱れを疑いましょう。

汗をかきやすい原因4:緊張・ストレス

わき・手の平や足裏など局部的、さらに一時的に多量の汗をかく場合、「精神性発汗」と言います。

精神性発汗とは、緊張やストレスがかかった場合にのみドッと汗をかいてしまう症状です。さらにはその汗をかいたことを気にすることで、さらなるストレスを感じて汗をかく、という悪循環に陥ることもあります。

対策は緊張を解くこと。そのため汗をかいたと感じたら深呼吸をするなど、気持ちを落ち着かせてリラックスするようにしましょう。また汗をかいたことを意識しないように、気持ちを楽にしましょう。

汗をかきやすい原因5:食事内容

汗のかきやすい食事・食材があります。主には「香辛料を多く使用した辛い料理」「肉類の多い料理」が挙げられます。

まず「香辛料を多く使用した辛い料理」を食べると必ず(通常の人以上に)多量の汗をかく場合、これを「味覚性多汗症」と言います。これは「辛味」だけではなく、「熱さ」「酸味」にも反応します。

この症状が出る時、口内の刺激に触発されて体内の血流が良くなっていると言われています。いわゆる「血行が良くなる」と聞くと良いイメージになりますが、多汗症の場合は尋常ではない量のため、脱水症状などの弊害が起こる可能性もあります。

そこまでではなく「香辛料の多い食事で汗が多く出る」という自覚症状がある場合は、そこまで過敏になる必要はありません。

次に「肉類の多い料理」についてです。肉類に含まれるタンパク質はエネルギーとなる際、体内で多くの熱を作り出すため、汗が出やすくなると言われています。そのため、あまり汗をかきたくない場面では、肉類ではないメニューを選ぶようにしましょう。

汗をかきやすい原因と対策

汗をかくこと自体は自然な現象であり、悪いことではありません。しかし「べたつく」「臭いがキツイ」といった特徴がある場合は、「良い汗」とは言えないのが問題なのです。

水を飲む男性

汗をかくことを過剰に意識してストレスを感じてしまっては、さらなる汗かきスパイラルに陥ってしまうばかり。肥満などの原因が分かっている場合は、適度な運動を心がけるなどの対策をおすすめします。

「ベテランママ」の運動新着記事

新着記事をもっと見る