運動

子供の歯並びに悪影響を与える親の癖と生活習慣とは? 遺伝だけで決まらない歯とあごの発達状態

子育てをしていると、子供には出来るだけ親の悪いところは似てほしくない、悪影響を受けてほしくない……、などと希望を持ちますが、なかなか思うようにはいかないものです。

このような子供への身体的影響のひとつに、「歯並び」を挙げるご家庭、珍しくないのでは? 私も子供にはきれいな歯並びで育ってほしいのですが、親の歯並びが悪いとやっぱり子供も遺伝的に悪影響がでてしまうのでは?と考えてしまいます。

虫眼鏡で歯を見せる子供

そこで子供の歯並びは遺伝で決まってしまうのかどうかを検証し、その上で歯並びを良くするために重要な生活習慣についてご紹介します。

子供の歯並びに遺伝は悪影響を与える?

子供の歯並びは親からの遺伝で決まるのかどうか――この答えは「遺伝で決まる」とも言え、また「遺伝だけでは決まらない」とも言えます。

ではまずは、遺伝が与える(悪)影響についてご説明します。

子供の歯並びを決める遺伝的要素には、「顎の大きさ」「顎の骨の位置」「歯の大きさ」「歯の形」などが挙げられます。

※生まれつき歯の数が不足している「先天欠如」、反対に多い「過剰歯」のケースもあります。

親と子供では顔立ち、つまり骨格自体が遺伝によって似る傾向にあるため、もしも親御さんの歯並びが良くない場合は、「骨格が似る」という意味において歯並びもまた、子供に悪影響を与える可能性が高まります。

ただし「顎の大きさ」に関しては、実は遺伝のみで決まるとは一概に言えないのです。もちろん遺伝による影響は否定できないものの、その後の後天的な生活習慣によっても思いの外影響を受けているのです。

一説によると、歯並びの遺伝的影響はおよそ3割とも言われています。ということは、残り7割は生活習慣によって決定付けられるのです。では歯並びに悪影響を与えると言われている生活習慣とはどのようなものなのでしょうか。

子供の歯並びに悪影響を与える要因1.姿勢

まずは「姿勢」に注意してください。子供さんがほおづえ(頬杖)をよくついている、ということはないでしょうか。ほおづえは歯並びは悪くなってしまう筆頭として挙げられるほどに、子供の顎の骨格を歪めてしまう悪い姿勢の代表です。

ほおづえをよくつく片側にだけ圧力がかかり続けるため、噛み合わせがズレていってしまうのです。ひどい場合は下あごが外れてしまうこともあるため、「たかがほおづえ」と侮ってはいけません。

ほおづえをつく幼児

さらには、「指しゃぶり」「爪噛み」もまた、前歯を前に出させて出っ歯にしてしまうため、矯正する必要があります。

またあまり意識したことがないかもしれませんが、「舌」の動きもまた、歯並びに悪影響を与えることがあります。たとえば「前歯を舌で押す」という行為は、意外にも親がしていると子供も真似ていることが多く、親の癖が子供の歯並びに(後天的に)悪影響を与えていることがあるのです。

子供の歯並びに悪影響を与える要因2.口呼吸

口呼吸についての弊害は様々ありますが、歯並びにおいても悪影響が出ることが判明しています。

子供は成長段階において、鼻呼吸をすることで上あごを発達させます。なぜなら鼻腔とつながっている「副鼻腔」とい左右各4つの空洞は、上あごともつながっており(副鼻腔のひとつは「上顎洞」)、鼻と上あごは非常に密接な関係にあるからです。

※蓄膿症(副鼻腔炎)と歯のトラブルも関係があります。

口呼吸によって舌が常に奥の位置に引っ込んだ状態になってしまうために、上あごが未発達の場合、歯が生える範囲が狭いために出っ歯やガチャガチャの歯並びになってしまいます。

また口呼吸によってぽかんと口が開いた状態では、唇の筋肉も弱まってしまいます。すると上あごばかりか下あごまでもが未発達となり、ますます歯並びに悪影響を与えてしまうのです。

この口呼吸もまた、子供は親の癖を見て無意識にマネしていることがあります。子供さんがぽかんと口を開けている場合は注意をしてあげるのはもちろんのこと、親御さんご自身も意識的に治すことをオススメします。

子供の歯並びに悪影響を与える要因3.噛む回数が少ない

現代の食事内容は、昔と比べて噛む回数が少なくても良い「柔らかい食材」が多いと言われています。

しかし噛む回数が少なく、すぐに飲み込めるような食事ばかりをしていると、下あごに刺激が伝わらず正常な発達をしません。

下あごが発達していないと、永久歯が生える際にスペースがないために、列が乱れてガチャガチャとした歯並びになってしまいます。

子供のあいだこそ柔らかな食事だけではなく、野菜などを大きめにカットして、よく噛まなくてはいけないように習慣づけることが、歯並び(骨格の発達)にとっても欠かせないのです。そのためには、親もまた食事内容に気を付けて、大人が「よく噛む」ことを実践し、子供のお手本となる必要性があると言えます。

子供に悪影響を与える親の癖に注意!

子供は親の生活習慣を見て、よくも悪くも影響を受けます。遺伝によってどうしようもない部分もありますが、ほとんどの場合は「後天的な生活習慣」が、子供の発達に大いなる結果を与えるのは明白です。

歯磨きをする親子

歯並びの悪さは噛み合わせや呼吸法とも関係するため、見た目だけの問題として安易に片付けられません。子供への悪影響を避けるためにも親御さん自身が自身の癖を見なおして、親子で正しい生活習慣を身につけるように心がけましょう!

「ベテランママ」の運動新着記事

新着記事をもっと見る