運動

素朴な疑問――運動すると消費する「(消費)カロリー」って何?

ここ数年、食品、食材、メニューなどによく見られる「カロリー」表示。また「◯◯運動をすれば◯カロリー消費できる」など、当たり前のように「カロリー」や「消費カロリー」という言葉が使われていますよね。

ランニングシューズを履く足元

しかしこの「カロリー」とは、そもそも何を意味しているのか、具合的に説明できる人は多くないのでは? そこで以下に、カロリーについて調べたことをまとめました。

「カロリー」=「熱量」

「カロリー(cal)」とは、「エネルギー(熱量)の単位」のこと。「熱」を意味するラテン語“calor”から来ているフランス語です。

具体的には、「1kcal=1リットルの水の温度を1度上昇させるために必要なエネルギー量」を意味します。

しかしこの単位「カロリー」は現在、世界的には使用されていません。1948年の国際度量衡総会において、カロリーの代わりに「ジュール(J)」(1cal=4.184J)という単位を使用するように決められたからです。

日本では「計量単位令第5条」にて、「人若しくは動物が摂取する物の熱量又は人若しくは動物が代謝により消費する熱量の計量」にカロリー単位が使用できると定義づけられています。

消費カロリーは3種類

では運動で消費する「消費カロリー」とは、どのようなものでしょうか。

人間は生命活動をし続けるためには、つまり「生きて生活をし続けるため」には、(車を動かすガソリンのように)エネルギーが必要です。

そこでまず、日常的に食べ物からエネルギーを取り入れます。この「身体に取り入れるカロリー」を「摂取カロリー」と呼びます。

この摂取カロリーとは逆に、生きるために使用するエネルギーが「消費カロリー」なのです。

「消費カロリー」をより詳細に分けると、以下の3種類に分類できます。

1.内臓などを動かし、生命維持をするための最低限のエネルギー:基礎代謝(全体の7割前後)
2.運動や生活上の行動で消費するエネルギー:生活活動代謝(全体の2割前後)
3.食事をした際に消費するエネルギー:食事誘導性熱代謝(全体の1割前後)

消費カロリーと脂肪の関係

食べ物からの「摂取カロリー」が「消費カロリー」を越えた場合は、エネルギーは消費されずに残ってしまいます。この「余ったエネルギー」が「脂肪」となって身体に蓄積されます。

ではたとえば、脂肪1000gを消費したい場合、何カロリーを消費すれば良いのでしょうか。「脂肪1g=9kcal」と言われていますが、単純に「9000kcal」消費しなくてはいけない訳ではないのです。

実は、脂肪の約2割は水分などで構成されています。そのため、先ほどの「9000kcal」の8割である「7200kcal」を消費すれば、「脂肪1000gを消費」できる計算になるのです。

7200kcalと聞けば大変そうに思えますよね。しかし毎日200kcalだけ「摂取カロリーを減らす」または「消費カロリーを増やす」と考えれば、「36日」で脂肪1000g (=1kg)を消費できることに!

ランニングをする女性

まとめて運動で消費すると考えると、行う前からあきらめがちですが、現在蓄積されている脂肪を「少しずつ減らす」目標を立てれば、それほど難しくはなさそうです。

近い将来の自分や家族の健康のために、日々の生活のなかで「摂取カロリー」と「消費カロリー」のバランスをうまく取っていきたいものですね。

「ベテランママ」の運動新着記事

新着記事をもっと見る