勉強

勉強机の位置、気にした事ある?勉強効率が上がるオススメの勉強部屋のレイアウト案

普段、子供たちが勉強をする場所として想定されるのは、「学校の教室」「図書館(図書室)」「(塾などの)自習室」などが一般的。しかしやはりメインは「自宅の勉強部屋」というケースが多いかと思われます。

子供部屋

しかし「自分のテリトリー」とも言える自室には誘惑が多く、ついつい勉強に取り掛かる前や途中で気が散ってしまい、気づけば無駄に時間を過ごしていた……、という困ったお子さんも多いのではないでしょうか。

そこで何よりもまず「勉強効率が上がる」という点に重心を置いた、最適な勉強部屋のレイアウトについてご紹介します。

勉強机と窓の関係

部屋のレイアウトを考える際、家具同士の大きさや見た目のバランスを気にして決めてしまっている事はありませんか?

第一に勉強効率を上げたいのなら、「勉強机の位置」がなによりも大事――(右利きの場合なら)勉強机は「窓の右側」(=座った時に、窓が左手側)に配置しましょう。

なぜなら勉強している時に、窓からの採光が左側から入ってくる方が、ペンを持つ利き手で光を遮る懸念がないからです。そのため机の上のスタンドも同じく、利き手と逆の左側に置くのが正解です。

※左利きの場合は、窓もスタンドも利き手と反対側の「右側」に位置づけましょう。

勉強机の前にはスペースを

限られた部屋の空間を上手く使おうと、勉強机をカベにピッタリとくっつけ、カベと対面して座るレイアウトをしている方は珍しくありませんよね。

しかしこれでは、「机に向かっている=カベに向かっている」ことになり、心理的に「勉強への不満や不安が鬱積」しやすくなってしまいます。

カベによる圧迫感をできるだけ軽減することで勉強効率を上げるために、「机の前にはスペースを空け」て視覚的な開放感を出し、集中力を上げるためには「背中の後ろにはあまり開放的なスペースを作らない」ようにしましょう。

ですから、たとえば「イスの後ろ側に本棚を設置し、机の前には空間がある」方が、無意識に気が散ってしまうリスクが軽減されるのです。

見える向きにドアを

人が出入りするドアが見えない状態下では、人は無意識に不安を感じ、集中力を削いでしまいます。

そのため、勉強机に座っている状態で部屋のドアがきちんと見えるように、勉強机をレイアウトしましょう。

さらには、ベッドは勉強机の前には置かないこと。勉強しつつも「憩いの場」であるベッドが目に入ると、ついつい休憩したくなってしまうからです。勉強効率を高く維持したいのなら、「ドアは前にあり、ベッドは前に置かない」ことをオススメします。

勉強スペースは寒色系で

部屋のインテリアやカベの配色もまた、勉強効率を上げるために重要な役割を果たします。

集中力を高めるには、「鎮静色」とも呼ばれる「寒色系(ブルー系)」がオススメです。ただし部屋全体のカベの色を寒色系にすると、気持ちが落ち込みやすくなり鬱状態になる可能性もあるため、あまりオススメできません。

勉強部屋のレイアウト

そのため、たとえば勉強机周辺(勉強中に目に入る範囲)のみに寒色系のインテリアを置き、ベッドスペースには温かみのある暖色系やリラックス効果のある緑色のインテリアを配することで癒やしムードを演出しましょう。

照明色にも配慮を

勉強部屋の照明とリビングの照明を同じ色合いにしている、なんてことはありませんか。

部屋の照明が暗いと目が疲れてしまうため、目を酷使しがちな勉強部屋は「明るさ」に注意しないといけません。そこで勉強効率を上げるためには、勉強部屋は青色系で覚醒効果のある「昼光色」がオススメです。

※「昼光色」では眩しくて目が疲れる、というお子さんの場合はよりやさしい色の「昼白色」にして下さい。

また明るさの目安としては、部屋全体は「100~200ルクス」で、机の上は電気スタンドをプラスして「400ルクス」程度にしましょう。

※部屋全体の照明とスタンドの色は、同系色で揃えたほうが、目が疲れにくいと言われています。

最近ではLED照明の人気も高まっています。この場合も同じく「文字の見え具合」「目の疲れ具合」を重視して、チラツキのない、影が出来にくいモノを選んでください。

ちなみにリビングでは、「昼白色」がオススメ。お昼間の太陽光に似ているため、自然な明るさと言えます。

気が散るものは目につかないように

どれだけ部屋のレイアウトに気を配っても、ゲームやスマホ、マンガなどの娯楽が周囲に散らばっていては、勉強効率などとても上がりません。

遊び道具は目の付かない場所にしまい込み、確実にシャットアウトして勉強に取り掛かりましょう。

とりあえず勉強部屋の見直しを

「勉強中は集中しているから、部屋のレイアウトなんて関係ない!」という勉強家もいらっしゃるかもしれませんが、子供たちの多くはついつい集中力を無くしがち。

勉強する男子

そんな時は部屋のレイアウトを見直してみてください。窓の位置などを気にするだけで勉強効率が上がるのなら、試してみる価値はあると思いませんか。毎日過ごす勉強部屋をアップグレードして、勉強の質も量も大幅アップを目指しましょう。

「ベテランママ」の勉強新着記事

  • 勉強 受験生に人気の合格祈願神社-関西編!

    どれだけたくさん勉強をしても、受験生に「絶対大丈夫」という安心感は禁物です。とは言え、不安な気持ちばかりを抱えていては、受験本番まで心身ともにエネルギーが持たず、せっかくの受験勉強の成果が発揮されない……、なんてことにもなりかねませんよね。...

  • 勉強 受験生に人気の合格祈願神社-関東編!

    中学、高校、大学受験は人生の大きな転換期。受験生も親御さんも、「合格」を手に入れるためには何にでもすがりたいのが本音、かもしれません。 もちろん勉学に励むことが受験合格への近道ではありますが、どれだけやっても試験当日まで不安...

  • 勉強 大学受験は何校くらい受けるべき? 私立大学・国公立大学の併願受験における受験校の選び方

    人生の大きな節目と言える大学受験。多くの受験生たちがどの大学や学部を受験するべきか悩んでいることと思います。 受験生のなかには、かたくなに「行きたい大学、学部しか受けたくない。そうでなければ大学に入る意味がない!」と考える人...

新着記事をもっと見る