勉強

脳の構造は男女で違いがある!?性別で異なる得意・不得意な作業って?

最近メディアなどでよく取り上げられる「脳科学」関連の話題――そのひとつに「男性と女性とでは脳の構造が根本的に異なる」という、驚くべきことがあります。

脳の構造図

では実際に、「どの部分が」「どのように」異なるから、「どういう違いが生まれる」のか、男女の脳の構造について紐解いていきます。

※以下の説明は、「一般的に見られる男女の性質傾向」であり、個々人の能力や性格の差異については含んでおりません。男性だから、女性だから「絶対に◯◯」と一括りに断定できないことをご了承下さい。

重さの違い

脳の構造の前に、まずは大きさの違いについて触れます。成人後の男性の脳は「約1400~1500g」、女性の脳は「約1200~1250g」です。

女性の方が少し軽いですが、重さと知能に比例関係はありません。

顕著な脳構造の違い

最も代表的な男女の脳の構造の違いは、「脳梁(のうりょう、Corpus callosum)」にあります。

脳は「右脳」「左脳」の2つのパーツが合わさってできています。「脳梁」とは、これら右脳左脳をつなぎ、情報を行き来させる「橋」のような役割をしている、「神経線維の太い束」のことです。

この脳梁、女性のものは男性のものよりも「短く」「大きく」「丸み」があります(男性の脳梁は「細長い」)。

女性の脳梁は(男性に比べて)「短い」ため、右脳と左脳間の情報の往復スピードが速く、また「丸い」ために、「一度に多量の情報」を右脳左脳間で移動させることが可能なのです。

そのため女性のほうが「マルチタスク」能力に長けており、一度に複数の作業を行うことができるのです。

ではその他にも、脳の構造の違いからくる「男女間の性質上の違い」には、どのような点が見られるのでしょうか。

1.言語能力

一般的に、女児のほうが言語習得が早く、成人後も女性の方が「話好き」で「次々と話題が変わり」、「話に感情が混ざりやすい」という傾向が見られます。

この言語に関わる男女間の性質の違いは、脳(脳梁)の構造の違いから起こっています。

男性は話をする際、左脳の言語中枢のみを使います。そのため「論理的に」「(感情など)余分な情報を含めず」に会話を進めます。

反して女性は、右脳と左脳の両方を活性化させて会話をします。そのため、「必要事項」以外の事柄を次々と思い出して、話が脱線したり、話している途中で感情が湧き出てくるなど、男性から見れば「まとまりのない」話になるのです。

2.空間認識力

以前から「(一般的に)女性は地図が読めない」と言われます。

実際に、地図や図面、グラフなどを見る際には、男性は脳の一部(判断力、視覚化などを司る部位)を活性化させるのに反し、女性は脳の特定の部位が反応することはありません。

そのため一般的に、男性のほうが女性よりも「空間認識力」が高いとされています。

3.記憶力

記憶には脳の一部である「海馬(Hippocampus)」が非常に重要な役割を果たします。女性に比べ、男性の脳はこの「海馬」が小さく、そのため記憶力が女性ほどよくありません。

※ここでいう「記憶力」とは、「エピソード記憶」(実際に経験したコトの時間や場所、感情についての記憶)を指します。勉強などで得られる「知識」としての「意味記憶」とは別です。

たとえば、よく言われる「女性の第六感」というのは、女性のほうが記憶している情報が多く、さらには「表情から感情を読み解く」能力も高いため、総合判断して異変に気づきやすい、ということなのです。

脳の構造の違いは必然

男女の脳の構造の違いと、それから発生する得意・不得意分野の違いは、太古の生活様式と関連しています。

家から離れて狩猟に出かけていた男性は、「空間認識力」を高め、獲物との距離感を感覚で知る必要がありました。

母親と男女の子供

女性は他の女性たちと協力して子育てを行う必要があったため、会話や表情などから情報を収集し、また言葉が話せない赤ちゃんの感情や異変を、五感で捉えなくてはいけなかったため、「言語力」や「記憶力」などを高めたのです。

知れば知るほど納得できる、男女間の脳の構造の違い。この脳の違いや特質を子育てにも生かせれば、もっと子供たちの能力を高めることができるかもしれませんね。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る