勉強

英検 vs TOEIC、子供はどっちを受けるべき? メリット・デメリットを知り比較しよう!

「子供が英語の試験を受ける」というのがメジャーになってきた現在。英語の試験といえば、英検TOEIC L&R(Listening & Reading)が日本では人気なのですが、子供が受ける場合はどちらがいいのでしょうか?

eikenvstoeic10-photoac-640_426

「うちの子は英検とTOEIC、どちらを受けるべきなんだろう?」と、悩んでしまう親御さんもいると思います。そんな親御さんのお役に立てればと、それぞれの概要・メリット・デメリットをお話ししていきます。

子供の年齢や進路によって、どちらを受けるべきかが変わってきますので、今のお子さんの状況と照らし合わせて、じっくりと考えてみましょう。

英検とは

毎年多くの子供たちが受験する英検。まずは、そんな英検のことについて、少し詳しく見ていきましょう。

まず、英検は日本英語検定協会が運営しています。正式名称は実用英語技能検定といい、文部科学省が後援している公的な資格です。

英検には5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級と7つの級があり、級ごとに出題されるレベルが異なります。

5級~3級:中学生レベル
準2級・2級:高校生レベル
準1級・1級:大学生レベル

また、受験するために必要な検定料も級によって違います。

出題問題が一番易しい5級であれば、本会場で受ける場合は2,500円、準会場で受ける場合は2,000円。一番難しい1級の場合は、本会場のみで実施されており、検定料は8,400円です。

小学生で初めて英検を受けるのであれば、5級をまず受けてみるのがおすすめ。「合格したぞ!」という自信が、次の級チャレンジへの意欲を育みます。

英検のメリット

英検には様々なメリットがありますが、とくに嬉しいのは以下の3つでしょう。

・英検は4技能を鍛えられる
英検では、英語を「話す」「書く」「読む」「聞く」の4技能の力が試されます。つまり、英検合格に向けて勉強をすることで、4技能バランスよく伸ばせるということ。「実際に使える英語」を身に着けるにあたって、とても大切なことですね。

・英検は入試で役立てられる
中学入試では4級~、高校入試では3級~、大学入試では準2級~優遇されると考えましょう。(学校によっては、優遇される級が異なります)

具体的には、入試の加点対象になったり、英語の試験が免除になったりします。入学金を一部免除してくれる学校もあるようです。

「級を取得した日から〇年以内のものが有効です」としている学校もあるようなので、分からない場合は、入学希望の学校に問い合わせるようにしましょう。

・英検は留学で役立てられる
オーストラリアやアメリカに留学する際、英検が英語力の証明として使えることがあります。留学したい学校により「英検が証明として使えるかどうか」「必要な級」が異なるので、必ず確認するようにしましょう。

英検のデメリット

英検のデメリットを2点お話しします。

・英検は不合格だったときの精神的ダメージが大きい
合格or不合格がはっきりと線引きされる英検。点数制のTOEIC L&Rと比べ、不合格だったときの精神的ダメージが大きいと思います。子供が不合格で落ち込んでしまったときは、親御さんがフォローすることを忘れずに。

・英検はビジネス面ではちょっと弱いかも
「就職はまだまだ先」という小学生・中学生のお子さんは、英検受験でもOKだと思います。しかし、近い将来就職をすることになる、高校生・大学生は「就活の際、英検よりTOEIC L&Rの方が役立つかもしれない」ということを知っておくべきです。

TOEICとは

ここからはTOEICについて見ていきましょう。

TOEICは、アメリカのEducational Testing Service(ETS)が開発している英語の試験。160か国で受験できるため、英検よりも「世界的な試験」というイメージがあります。

TOEICには様々な種類があり、TOEIC L&R(Listening&Reading)、TOEIC S&W(Speaking&Writing)、TOEIC Bridgeなどがあります。

eikenvstoeic9-photoac-640_426

その中で最も代表的なのがTOEIC L&Rでしょう。英語を「聞く力」「読む力」を測ることができます。出題される問題はビジネス寄りのものが多いです。

また、TOEIC L&Rは点数制で、合格や不合格はありません。「990点満点中、自分が何点とれたか」で自身の力を知ることが可能です。(受験料は1回5,725円)

TOEIC L&Rのメリット

TOEIC L&Rには、どんなメリットがあるのでしょうか? 3点あるので、一つずつお話ししていきます。

・TOEIC L&Rは受験しやすい
TOEIC L&Rには不合格がないため、英検ほどプレッシャーを感じず向き合うことができるのではないでしょうか。また、会場によっては、1年に10回も試験を実施しています。都合がいいタイミングで受験できるのは、とっても嬉しいことですよね。(ちなみに英検は1年に3回実施です)

・TOEIC L&Rは大学入試で役立てられる
TOEIC L&Rで高得点を取っていると、大学入試の際に役立つことも。受ける大学にもよりますが、例えば公募制推薦・AO入試の出願要件の一部として扱われたりします。

・多くの企業が英語力の判断基準として、TOEIC L&Rを使っている
多くの企業が社員の英語力を知るために、TOEIC L&Rを使用しています。就職活動で有利になるのは、600点くらいから。履歴書に書くのは、2年以内に取得した点数が好ましいそうです。

さらに会社によっては、昇進の条件として「TOEIC L&Rで〇点以上取りなさい」と定めているところもあります。

TOEIC L&Rのデメリット

TOEIC L&Rの気になるデメリットを1点お話ししておきますね。

・TOEIC L&R に向けた勉強だけでは「話す力」「書く力」が伸びにくい
先ほどもお話ししました通り、TOEIC L&Rは「聞く力」と「読む力」を測る試験です。そのため、TOEIC L&Rに向けた勉強だけでは「話す力」と「書く力」を、十分に伸ばすことが難しいでしょう。

「話す力」「書く力」も伸ばしたいのであれば、TOEIC S&Wと組み合わせて受験することをおすすめします。

今、子供に必要なのは英検かTOEIC L&Rか。重要度を考えてみよう

英検とTOEIC L&Rのメリット・デメリットを知り「うちの子にとって、何が一番重要なのか」を考えてみましょう。子供にとって重要度がより高い方から、受けさせるのがおすすめです。

eikenvstoeic7-photoac-640_426

英語の試験で良い結果を残すことは、お子さんの自信にも繋がります。子供が将来、英語でつまずかないように。できれば英語を自由自在に使い、世界で活躍できるようになってほしいものですね。

※英語を学び始めたばかりの小さな子供には、英検やTOEICに向け、ガツガツと勉強をさせない方がよいでしょう。英語への興味が持てず、学ぶ意欲が削がれる原因となります。まずは「英語が楽しい」と子供に思ってもらうための、環境作りから始めるといいですよ。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る