勉強

天才に育てるベース作り――0歳からの赤ちゃん教育法

妊娠中もしくは妊娠前からでも、多くの親御さんは生まれてくる子供の将来について、あれこれと希望や不安をお持ちになり、育児環境や教育問題に関心を寄せられているのではないでしょうか。

我が子には輝かしい未来を歩んでもらいたい――そんな親心から、赤ちゃんの時期よりベストな教育環境を作ろうと、試行錯誤されるのは当然のことです。

笑顔の赤ちゃん

そこで子供さんが0歳の段階から積極的に行うことで成長著しい脳をより効果的に発達させ、将来有望な「天才」の礎を築くことが期待できる、おすすめの「赤ちゃん教育法」についてご紹介します。

聞く力をつける

当たり前ですが、生まれて間もない赤ちゃんは言葉を話すことができません。さらには周りで話されている言葉の意味を、理解することもできません。しかし赤ちゃんは、自分に向けて話される言葉をちゃんと聞いているのです。

そのため、たとえばおむつ替えの時など、赤ちゃんにたいしてなにかしらの行為をする際には「意味」が通じていない」と思ったとしても頻繁に話しかけることが重要です。

さらに、生後3ヶ月辺りからは絵本の読み聞かせがオススメ。読み聞かせや話しかけをすることで、生後半年頃から「人の話に耳をかたむける」注意力が育っていることが分かります。

実は、「聞く力」は学習能力に深く関わる能力です。「授業の話を注意深く聞いて理解する」「(授業以外の)他者の話から情報を抽出し、自身の知識にする」ことができるかどうかは、そもそも「聞いて、理解し、記憶する」行為が習慣づけられているかに掛かっています。

また「言葉」とは、「思考」を形成するために欠かせない要素です。0歳からの言葉のシャワーや読書体験が、自然と子供のボキャブラリーを増やし、物事を自分の頭で考えられるように脳を育てるのです。

※注意点:話しかける際は、いわゆる「赤ちゃん言葉」は使わないようにしましょう。赤ちゃんはそれを正しい言葉と思って記憶するため、成長してから矯正しないといけなくなるためです。

五感全てを活性化させる

赤ちゃんは外界からの刺激によって脳を発達させます。そのため、出来るかぎり五感全てを活性化させる必要があります。以下に視覚、嗅覚、触覚を育むのに効果的な方法を挙げます。

1.視覚

定番の赤ちゃん遊びのひとつ、「いないいないばあ」。これは赤ちゃんの脳を発達させるのに非常に良い遊びであり、世界中で愛されています。

お母さんなどの大好きな人の顔が隠れてしまうことで感じる「不安」、再び見えるようになった時の「喜び」や「驚き」。また何度も繰り返されることで「期待」という感情も起こります。「いないいないばあ」という視覚を使った遊びを通して、赤ちゃんは感情をいくつも獲得するのです。

また、ガラガラを振って赤ちゃんの視線を1点に集中させることも、脳の一部分「前頭連合野」を発達させるのに効果的。前頭連合野は行動計画を経て、実行判断を行う場所であり、知性と感情を統括しています。

ただし、赤ちゃんは遠視のため、むやみに振っても視点が合わず、意味がありません。赤ちゃんの視点がガラガラに合っているか、確認してから振るようにしましょう。

2.嗅覚

全てが初めての経験の赤ちゃん。そのため、たとえば臭いニオイを、最初から大人がシャットアウトしてはいけません。ニオイにも様々な種類があることを赤ちゃんに教えることで、赤ちゃん自身に快・不快(好き嫌い)を判断させるようにしましょう。

3.触覚

手先の感覚を発達させるには、「紙を破る」「手やモノを握ったり離したりする」行為が効果的です。

大人の指をつかむ赤ちゃん

さらに、紙を破らせる際は、材質の異なる紙を幾種類用意するのがオススメ。破るときの感覚や破れ方の違いを知ることで、徐々に「力の入れ具合の調整」や「こうすればこういう風に破れる」という推測能力を得ることができます。

赤ちゃんの脳の発達のために「してはいけない」こと

最後に、赤ちゃんの脳を発達させるために「してはいけない」こともご紹介します。それは「不規則な生活リズム」です。

「赤ちゃんが夜泣きするから眠れない!」「赤ちゃんはほぼ1日中寝ているから、大人の生活リズムなんて関係ない」と思われた方もいるかもしれませんが、これこそが生まれて間もなくの赤ちゃんにはまだ「朝夜」の時間感覚が備わっていない証なのです。

そのため「朝は〇時に起きる。夜は〇時に寝る」という生活リズムをゆっくりと覚えさせてあげなくはいけません。

そのため赤ちゃんが朝に寝ていたとしても、カーテンを開けて部屋を自然光で明るくしたり、夜はテレビなどの人工的な光が赤ちゃんに当たらないようにして、「今は夜であり、眠る時間」ということを脳が覚えるようにしてあげましょう。

また食事の時間もできる限り同じにし、生活リズムを整えていくようにすることが、子供の脳を健やかに育むことにつながるのです。

コミュニケーションが子供の脳を発達させる!

生まれたばかりの赤ちゃんの能力を発達させるためには、親御さんとのコミュニケーションが欠かせません。たくさん触れ合い、たくさん話しかけて読み聞かせをし、たくさんの感覚を与えることこそが、天才へのベース作りとなるのです。

絵本を見る赤ちゃん

子供の将来のために、できうる限りの愛情を注いで天才脳を育んであげましょう。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る