勉強

イチョウ葉エキスは勉強にも効果的な栄養成分?記憶力、集中力アップに良いとされるイチョウ葉エキスの秘密

受験生を筆頭に、勉強をがんばる子供たちをサポートする方法のひとつとして、食事による栄養補給という方法がありますよね。たくさん頭を使うからにはその分エネルギーを外から取り入れて、集中して机に向かってもらいたい……、そう願って食事に気を配る親御さんたちの声はよく聞きます。

和食の朝食

しかし「本当に食事だけで勉強に役立つ栄養が摂れているの?」「勉強ができるようになる、または勉強に効果的な栄養素ってなにがいいの?」などと、わずかでも成績アップにつながる情報を求める受験生は、食事以外にもサプリメントを取り入れたいはず。

そこでここ数年、「記憶力があがる」「勉強に集中できる」効果が期待できると話題になっているのが「イチョウ葉エキス」です。イチョウ葉エキスという成分は、中高年層の健康サプリメントとしても注目されていますが、若年層においても「頭が良くなる」という効果が期待されているのです。

ではこのイチョウ葉エキスには実際にどのような作用があり、どのように「頭、脳」に効果があるのか、以下にまとめました。

そもそも「イチョウ葉エキス」って何?

「イチョウ葉エキス」のイチョウとは、日本国内でも街路樹などでよく見られる、まさにイチョウの木のこと。簡単に説明すると、そのイチョウの葉を乾燥させ、アルコール(溶剤)にひたしてその葉のエキスを抽出、精製したものが「イチョウ葉エキス」なのです。

イチョウは別名「生きた化石」とも呼ばれるほど古く(およそ2億5千万年前)から存在し、生命力が強いために1本の樹齢自体が1000年以上のイチョウもあります。

このようなイチョウの葉に含まれる成分について注目し1960年代に世界で最初にそのエキスを抽出したのがドイツの製薬会社です。その数年後には、欧米ではイチョウ葉エキスは医薬品として登録されています。

※日本と欧米では医薬品として認可する基準や過程が異なるため、現在日本国内ではイチョウ葉エキスが摂取できる製品は「サプリメント」であり、医薬品としては販売されていません。

ではイチョウ葉エキスに含まれる栄養素について見ていきましょう。イチョウ葉エキスに含まれる有効成分は2つ――「フラボノイド」と「ギンコロイド」です。

フラボノイドとは

フラボノイド(別名「ビタミンP」)とは、色素成分「ポリフェノール」を2つに分類した際の1つの総称です。

ちなみに「ポリフェノール」とは、植物が持つ5,000種類以上の色素成分の総称。緑茶で有名な「カテキン」や、ベリー類などに含まれる「アントシアニン」もポリフェノールの一種であり、かつフラボノイドの一種です。

イチョウ葉には約30種類のフラボノイドが含まれており、秋になり黄色く色づくのはこの色素成分フラボノイドのためなのです。

イチョウの葉

これほどたくさんの種類があるフラボノイド――そのためフラボノイド各々に異なる特徴的な働きがあります。が、共通して特徴的な有効作用に「抗酸化作用」が挙げられます。

抗酸化作用とは、細胞にダメージを与えて老化させる活性酸素を除去する働きのこと。つまり抗酸化することによって、内臓や血管などが衰えることを防ぐことができるのです。

血管のダメージを防ぎ健康な状態を維持することは、結果的に血行促進へと繋がります。特にイチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドのいくつかは、血行促進効果が高いとされているのです。

血液は酸素や多くの栄養素を全身に運ぶ役目があるため、血行が促進されると体調がよくなり、疲れにくくなります。さらには脳に酸素が届きやすくなるために、脳機能が改善し、そのために記憶力が上がるとされているのです。

ギンコロイドとは

ギンコロイドとはイチョウ葉エキスのみが持つ成分であり(イチョウの英語名:ginkgo)、フラボノイド同様、強い抗酸化力が認められています。そのため当然ながら、脳を含む全身の細胞が活性酸素によるダメージを受けないように防御する働きが期待できるのです。

またギンコロイドは血管・血液に働き、血液をサラサラにして血栓ができないように作用し、血小板活性因子を抑えることでアレルギー症状を軽減する働きがあります。

イチョウ葉エキスの効果まとめ

イチョウ葉エキスを摂取することで改善するとされている主な症状をまとめると、以下のようになります。

【脳機能】
・(加齢による)脳機能の衰え
・アルツハイマー型認知症
・抑うつ症

【身体的疾患】
・喘息などのアレルギー
・(加齢による)難聴、耳鳴り
・めまい
・冷え性、肩こり
・生理前症候群(PMS)
・更年期障害

中高年やアルツハイマー型認知症の方に関する記憶力や集中力の向上に関しては、イチョウ葉エキスの有効性は認められています。そのほか、血行不良から引き起こされる身体の不調に対しての有効性も報告されており、先述したように欧米ではイチョウ葉エキスは医薬品扱いとなっています。

しかし問題の「(健康な)若年層の集中力、記憶力向上(勉強への効果)」は、残念ながらはっきりとは証明されていません。

しかしイチョウ葉エキスが血行促進効果、抗酸化作用を持っていることは確認されているため、若年層であっても健康な細胞を維持し、脳への血液循環をスムーズにすることで、脳機能を高めて働きを良くする可能性は高いと言えるでしょう。

勉強をする子供

食事からでは十分に補給できないフラボノイド、またイチョウ葉エキス特有の成分であるギンコロイドを効率的に摂取できるイチョウ葉エキスのサプリメント――記憶力や集中力に不安を感じているのなら、補助的にサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る