勉強

音楽を聞きながら勉強しても成果は変わらない?勉強時の音楽(BGM)効果メリットとデメリット!

あなたは学生時代、音楽を聞きながら試験勉強をしていましたか? 現在受験生のお子さんは、音楽を聞きながら勉強していますか?

ヘッドフォンで音楽を聞く女性

昔も今も、「勉強中の音楽」については賛否両論があるようです。しかし一概に何もかもを禁止にするのはモッタイナイ! そこで、勉強中に音楽を聞くことについてのメリットとデメリットを挙げ、最適な音楽の使い方についてご紹介します。

メリット1:リラックスできる

嫌いな勉強をする時は、どんな人でも気持ちが消極的になりがち。そこでBGMに好きな音楽を流してみましょう。するとそれまでイヤだった勉強空間が、リラックス空間となります。

ただしこれは勉強内容が「こなすだけ」の単純作業のようなモノにかぎります。なぜなら好きな音楽の場合、そちらに意識が行ってしまい、集中力を削がれるからです。
※デメリット1も参照のこと

「日本語歌詞の音楽」の場合は特に注意して(脳が意味を捉えてしまうため)、サクサクっと済ましてしまいたい作業中にだけ流しましょう。

メリット2:雑音を消すことができる

自分だけの静かな部屋を常に確保できる場合はいいのですが、他の人がいる所でも勉強しなくてはいけない時もありますよね。

そのような「雑音」が気になる場面では、音楽を(イヤホンで)聞きながら勉強すると、「マスキング効果」により雑音が気にならなくなります。

※マスキング効果……2種類の音が鳴っている時、一方がもう一方をかき消して聞こえなくする効果

状況により集中力を高めたい場合、音楽は効果的です。※デメリット2も参照のこと

デメリット1:暗記モノはNG

医学的研究によると、音楽を聞きながらの「暗記」は正答率を下げるとのこと。

流れている音楽の好き嫌いに関係なく、多くの方にとってBGMがあると、そちらのほうに意識が(無意識的にでも)行ってしまうため、集中力が低下するのです。

そのため、英単語などの「暗記モノ」を勉強する際、音楽を聞きながら行うのはやめた方がいいですね。

デメリット2:試験本番は音楽がない

常に音楽を聞きながら勉強していると、それが習慣になってしまうもの。しかし実際の試験時には、音楽を聞くことができませんよね。

ですから、特に「ささいな雑音でも気になるから、音楽をイヤホンで聞きながら勉強する」という習慣づけをしてしまっているのなら、音楽なしの本番でも実力が発揮できるかは不明です。

状況に合わせて、音楽を聞く・聞かないを使い分けられるようにしておいたほうが賢明です。

メリット・デメリットは表裏一体

以上から、音楽を聞きながら勉強することのメリット・デメリットは、表裏一体のような結論に。

ヘッドフォンを首にかける女性

まとめると

1.リラックスするためには音楽は有効だが、聞き入ってしまっては本末転倒で勉強にならない。
2.単純作業の時は音楽を聞いても良いが、暗記モノの勉強時は無音が良い。
3.音楽がない本番環境でも集中できるように、音楽を聞く時と聞かない時の両方で勉強する。

ということになります。以上3点に注意して音楽を有効活用し、効率的に勉強をしてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る