勉強

子供に勉強すべき理由を尋ねられたらどう答えるべき?勉強へのモチベーションが上がる方法とは

学校の授業から塾での勉強、受験対策まで、子供たちの生活につきまとう「勉強」の文字。毎日熱心に勉強する子供もいれば、いやいや宿題をするのがやっと……、という子供もいるかも思います。

こんな勉強に囲まれている子供たちの多くが、一度は口にする質問といえば「どうして勉強しないといけないの?」という、『勉強する理由』ではないでしょうか。

学校の教室で勉強する子供

しかし「どうして勉強しなくちゃいけないの?」なんて直球の質問をされて、うまく子供が納得する答えを返すことができる大人はどれほどいるでしょうか? 

おそらく「そんなつまらない質問している間に勉強しなさい!」などと、きちんと答えずに逃げてしまうこともあるのでは。そこでここでは、子供に勉強すべき理由を尋ねられたらどう答えるべきか、まとめました。

勉強する理由が不確かな場合

子供に「勉強の理由」「勉強の意義」について質問された場合、きちんと答えようとする大人ほど、「将来勉強した知識がきっと役に立つから」「成績が良ければ良い学校に入れて、さらに将来良い会社に入れるから」「将来お金をたくさんもらえるようになるから」など、「将来(未来)」「仕事・就職」「お金」を『勉強した結果の報酬』に置き換えて説明されることが多いようです。

しかしこのような答えを聞き、「なるほど。将来の自分が良い生活をできるように、今の自分が勉強をしなくちゃいけないんだ!」と、すんなり納得して勉強し始める子供はほぼいないでしょう。

なぜなら子供にとって(大人にとっても)想像できないような遠い将来、未来にご褒美があったところで、それは全くの未確定であり、なんら保証などないものです。そのような不確かなご褒美を当てにして、今目の前の苦痛である勉強を進んで行う子供は、そもそも「どうして勉強しなくちゃいけないの?」などと、質問を発しません。

勉強する理由は将来へのメリット?

ではこの前提にある「どうして勉強しなくちゃいけないの?」という勉強の理由を問う質問は、どのような気持ちで発っせられているのか、そこから考えてみましょう。

そもそも勉強について疑問を持つということは「どうして勉強なんてつまらない作業をしなくちゃいけないんだ!」という、「イヤなことから逃げたい」気持ちから発信されているのです。そのため、いくら現在大人である人が「学(歴)をつける漠然としたメリット」を述べたところで、子供の心には刺さりません。

勉強につかれた子供

さらには「努力すればいつか報われるから」「努力する力を養うため」と言われても、やはり当事者の子供からすれば、勉強へのモチベーションにはほぼなりません。

そこでまずは、「勉強をする理由」ではなく、「なぜ勉強がイヤなのか」という「勉強がイヤな理由」を逆に質問してみてください。するとおそらく「(勉強と比べて)友達と遊ぶほうが楽しい」「ゲームのほうが楽しい」など、「勉強はつまらない」という結論になる答えが返ってくるかと思います。

ということは、今行っている勉強の方法では子供の好奇心をくすぐらず、まったく興味をそそらない内容になっている、のが問題なのです。

勉強はつらいもの?

「勉強に好奇心なんて必要ない。文句言わずに教科書を読んで問題を解いたり丸暗記すれば良い!」という考え方の親御さんたちもいるかもしれません。しかしこれでは、小学校6年、中高6年の合わせて12年間続く勉強をし続けることは困難です。

これは将来の「仕事」においても同じこと。「文句言わずに言われた仕事をこなせばいい」という考え方では、(仕事の場合はいちおう賃金が発生するものの)何年も続けるのは辛いばかりです。

そこで親御さんにしてもらいたいのは「どうすれば勉強が楽しくなるのか」という発想の転換です。勉強が楽しいものだという認識ができれば、子供も自ずと「勉強する理由」が見えてくるからです。

勉強する理由を楽しくする!

ではどうすれば「勉強は楽しい」と子供は思えるのでしょうか。これは大人にとっても同様で、「知識を使えば別のことが分かる、見える」ということを実感できれば良いのです。

たとえばロールプレイングゲームにおいても、「単に呪文を知っている」だけでは少しも楽しくありません。

そうではなく、「その呪文を使えば別の世界の扉が開き、仲間が増える」「その呪文で敵を倒してパワーアップすれば、次のステージに行ってさらに冒険できる」というように、呪文(=知識)を使うことでワンランク上の世界が広がることが、「楽しい」「もっと知りたい」「もっと勉強したい」という「勉強する理由」となりえるのです。

現実的な勉強においても、たとえば歴史の年号を単に覚えるのではなく、「裏でこういう出来事があったから、数年後にこういう制度が出来た。戦争が起きた。このような産業が栄えた」など、すべてを関連づけて理解すれば、世界の見方が変わり、現在に至るまでの道程が見えてきます。

好奇心が勉強の幅を広げる!

子供が勉強する理由について質問する時、それは質問ではなく「楽しくない!」という不平不満を表しています。

地球儀を見る子供たち

そのため親御さんをはじめ、そのような質問をされた大人は、化学や数学、英語や社会など、あらゆる教科において、「なぜ」というモノの見方を養い、自分で関連づけて物を考えることで、新たな世界が広がることを、ぜひ子供たちに教えてあげてもらいたく思います。

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る