勉強

勉強部屋がレンタルできる!?有料自習室の仕組みやメリット、活用方法まとめ

勉強に追い込みをかけている受験生の悩みのひとつに、「どれだけ勉強時間を効率的に使えるか」という問題があるかと思います。受験生にとって受験本番までの「限られた時間、日数」に少しでも多く勉強時間を確保し、またその時間内に「内容の濃い、集中した」勉強をする――これは誰もが望むことであり、また難しいことでもありますよね。

勉強をする女性

そこで最近の受験生のなかには、「レンタルできる勉強部屋」という、外での勉強空間を確保して受験勉強に挑むケースが少しずつ増えています。ちなみにこの「レンタル勉強部屋」は、司法試験などの試験勉強をする大人が多く利用しているようです。

「レンタル勉強部屋なんて初めて聞いた」「レンタル勉強部屋に興味はあるけど、どんなものなのかよく知らない」という方たちのために、以下にレンタル勉強部屋のメリットなどをまとめてご紹介します。

レンタル勉強部屋って?

「レンタル勉強部屋」とは会員となって月額の場所代を支払い、自分の勉強スペースを確保できるシステム。「有料自習室、勉強部屋」といった感じです。

一般的に、一室すべてを自分のスペースに出来るわけではなく、同じ部屋のなかにずらりと勉強デスクが並んでいます。ただし左右には仕切り板が施されているため、横の人の動きが見えないように工夫されており、人の目が気になることはほぼありません。

運営会社にもよりますが、レンタル勉強部屋にはゆるく音楽が流れていたり、もしくは無音であったりするようです。また休憩室もあり、飲み物などの飲食物が用意されているところもあります。

※「レンタル勉強部屋」は通称であり、様々な運営会社が独自の呼称を持ち、また勉強部屋の仕様やシステム、規約なども異なります。ここでは一般的な「レンタル勉強部屋」の仕組みなどについて挙げます。

レンタル勉強部屋のメリット1.時間制限がない

ではなぜ図書館や普通のカフェなどではなく、このような有料のレンタル勉強部屋を借りる人が増えているのでしょうか。

まず図書館の場合、開館から閉館までの時間や定休日などが決まっており、その日時に利用者が合わせないといけません。しかしレンタル勉強部屋の場合、多くが「24時間365日営業」であり、どの時間に何時間いようとも、(場所代はすでに契約し支払っているため)問題ありません。

※利用時間が決まっているレンタル勉強部屋もあります。

また自分専用のデスクを借りているため、重い荷物を置いていくことも出来ます。分厚い参考書を何種類も毎日持ち歩くのは大変ですが、これなら必要な参考書を忘れることなく勉強だけを目的に行くことができます。

※貸ロッカーがあり、借りる毎に料金がかかるパターンもあります。

レンタル勉強部屋のメリット2.勉強への集中力が増す

図書館やカフェでは、長時間席を独占して勉強することを禁止する場合があります。また周囲の目や雑音が気になり、勉強に集中できない場合もあるのではないでしょうか。

図書館の女生徒

この「集中力」問題は自宅の勉強部屋においても当てはまります。自宅ではスマホやTV、ゲームやマンガなどの誘惑が多く、またちょっと休憩するためにベッドに寝転んでしまう……、ということも想定されるのではないでしょうか。

しかしレンタル勉強部屋なら、そもそも「お金を払って時間と空間を買っている」ため、ダラダラと遊ぶワケにはいきません。

周りの人たちもまた、「お金を払って勉強をしにきている」ため、そのようなシビアな雰囲気のなかにいると、自然と集中力が高まり、目の前の勉強に否応なく集中できるようになります。

レンタル勉強部屋のメリット3.(必要ならば)会員同士の学習プログラムなどあり

運営会社や場所によって内容は異なるものの、レンタル勉強部屋には、会員同士でサークル的なものを作り、目標と進捗具合をチェックしあったり、競いあったりするプログラムが用意されていることが多々あります。

もちろん全員参加ではなく「任意」「自由参加」ですが、もしも「自分は1人で黙々と受験日まで勉強し続けるなんて、孤独すぎる。すぐに勉強に飽きてしまう」という性格を自覚しているのなら、このような会員同士で切磋琢磨しあうプログラムに参加し、モチベーションをあげることもひとつの方法です。

レンタル勉強部屋の料金

ではここで気になるレンタル勉強部屋の料金について、ご紹介します。しかし当然ながら運営会社によって異なるため、以下は目安としてご参考ください。

■A社
・フルタイム使用(平日7:00-22:30、土日祝7:00-20:00)1か月15,400円(税抜)
・受験生会員 (1日5時間以内毎日OK(退店22:00まで))1か月8,000円(税抜)

※別途入会金(5,000円+税)、カード発行手数料(1,000円+税)が必要。

■B社

・フルタイム使用(24時間)3か月契約 指定席 1か月14,815円(税抜)
・時間指定使用(17~8時間)3か月契約 指定席 1か月9,537円(税抜)
・フルタイム使用(24時間)3か月契約 自由席 1か月11,018円(税抜)

以上から、平均1か月10,000円前後が必要になることが分かります。もしも毎日利用するとすれば、1日330円程度。この価格を高いと取るかリーズナブルと取るかは、受験生自身の受験勉強への集中力やモチベーションの問題かもしれません。

勉強する受験生

もしもお金を払ってでも勉強部屋をレンタルすることで受験に受かるのならば、投資する価値はあるかもしれませんね。

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る