勉強

子供の実力を伸ばす、良いご褒美の与え方って?どのような条件でご褒美を示せばいいの?

子供のしつけや教育方法について悩むご家庭は多いもの。特に勉強に関することになると、どうしても学年が上がるごとに、親御さんの悩みも増えてきてしまいます。

勉強する手元

しかし頭ごなしに「勉強しなさい!」「テストで1番を取りなさい!」など、「◯◯しなさい」と命令をし続けても子供の心には響かず、悪循環を繰り返すばかりなのは予想できます。とはいっても、「テストで1番を取ったらご褒美にゲームを買ってあげる」といった、ご褒美で子供のやる気を出させる方法も、良いのか悪いのか悩むところです。

そこでここでは、子供に与える「ご褒美」についてまとめ、どのようなご褒美なら子供の実力が伸びるのかご紹介します。

行動の動機には2種類ある

はじめに、子供(もしくは人間全般)の行動には「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」の2種類が存在します。

内発的動機づけとは、自分の内側から自発的に起こっている欲求によって、ある行動を取ることです。「自発的に」ということは、その行為をすることで金銭や物をご褒美に与えられることもなく、他者に命令された訳でもなく、行わないと罰を与えられる訳でもなく、「純粋に自らの欲求によってしたいからしている」のです。

反対に外発的動機づけとは、他者からの圧力や罰、またご褒美などが実際にある、もしくはそれらを期待・想像するために、ある行動を取らざるをえないと感じて行っている場合を指します。

たとえば子供が本を読んでいる場合、単純に「その本が読みたいから読んでいる」場合は「内発的動機づけ」です。しかし、その本を読むことが宿題であったり、読むように親に強制されていたり、読み終わったらご褒美がもらえることが約束されている場合は、「外発的動機付け」となります。

子供の自主性とご褒美

内発的動機づけと外発的動機づけの2種類のうち、ご褒美が関係するのは「外発的動機付け」です。ではもしも「内発的動機付け」により行動をしている子供にご褒美を与えると、どうなるのでしょうか。

元々が自発的に行っている上にご褒美まで出たら、さらに頑張ってやるんじゃないだろうか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際にはその反対の結果が出てしまうと、心理学では言われています。

反対の結果とは、分かりやすく言うならば「せっかくのやる気がなくなってしまう」ことを意味します。

本来は楽しいから行っていた行為に「ご褒美」という付加価値がつくと、その途端に「その行為=ご褒美のため。ご褒美が最終ゴール」となってしまい、そこに「楽しいからやりたい!」という欲求はなくなるのです。

本と少女

したがって、子供の行為に対してなんでもかんでも「ご褒美をあげるからしなさい」というような状況になってしまっている場合、もしかすると本当は子供が自発的に頑張っていたことにまで親が「ご褒美を目的」にしてしまい、子供の自主性を阻んでいる可能性があるのです。

ご褒美の与え方

では「ご褒美」は子供の実力を伸ばすためにまったく役に立たないのでしょうか。その答えは、ご褒美の与え方によるのです。

以下の2パターンの条件でご褒美を設定した場合、どちらが子供の実力が発揮された(成績が伸びた)と思いますか。

①学内テストで上位10位以内に入ったら、好きなモノを買ってあげる。
②問題集を1冊やりきったら、好きなモノを買ってあげる。

おそらく多くの方が、①の「学内テストで上位10位以内」という目標値がある方が、「問題集をする」という行為よりも子供が必死で勉強をして、実力が伸びたり発揮されたりするのではないかと思うはずです。

しかし実際には、②「問題集をやりきる」のほうが、子供の実力は伸びていくのです。

では両者の違いはどのような点なのでしょうか。

インプットとアウトプット

①の「学内テストで上位10位以内」とは、自分がこれまでにしてきた勉強の成果を目に見える形にする「アウトプット」の行為です。反対に②「問題集をやりきる」は、「自分で勉強して知識を取り入れる」ことを意味し、「インプット」の行為です。

一見どちらも最終目的は「良い成績を取ってご褒美をもらう」ことのようです。が、「アウトプット」の場合、その目的(ここでは「10位以内」)を達成するために「何をすればよいのか」という、途中の工程については指示をしていません。

しかし「インプット」である「問題集をやりきる」は、「この行為をしなくてはいけない」という具体的な指示を出しているのです。

もちろん、指示をされなくても10位以内に入るために、問題集を使うなどして勉強をする子供もいるでしょう。しかし元々勉強を好きでない(得意でない)子供へのご褒美の場合は、具体的なインプットの方法を示したほうが力が付き、最終的には実力を発揮するようになるのです。

ご褒美のタイミングは?

さらに注意したいのは「ご褒美をあげる時期・タイミング」です。

「この問題集をやりきったら、1年後にプレゼントを買ってあげる」よりも「この問題集をやりきったら、その時にプレゼントを買ってあげる」のほうが、子供のモチベーションが高くなるのは容易に想像できますよね。

つまり、ご褒美の時期が遠い将来になればなるほど、子供のやる気は落ちてしまい、ご褒美の効果は薄まるのです。そのためご褒美で子供の実力を伸ばすには、「具体的なインプットの行為に対して」「その行為を達成したらすぐに」あげるのが効果的と言えます。

本を読む親子

最後にご褒美についてです。この「ご褒美」とは、単に物やお金だけで解決するのはオススメできません。あまりにこの金品によるご褒美を繰り返すと、子供が大人になってからも「どの行為にも金品の見返りがあるのが当然」という考え方になり、「見返りがないのならばやる意味・価値がない」というような判断基準を持ってしまうからです。

そのため、ご褒美の回数や中身を親御さんも吟味し、また「よく頑張ったね。すごいね」などと励ましや褒め言葉を金品の代わりのご褒美として活用することをオススメします。

「ベテランママ」の勉強新着記事

  • 勉強 受験生に人気の合格祈願神社-関西編!

    どれだけたくさん勉強をしても、受験生に「絶対大丈夫」という安心感は禁物です。とは言え、不安な気持ちばかりを抱えていては、受験本番まで心身ともにエネルギーが持たず、せっかくの受験勉強の成果が発揮されない……、なんてことにもなりかねませんよね。...

  • 勉強 受験生に人気の合格祈願神社-関東編!

    中学、高校、大学受験は人生の大きな転換期。受験生も親御さんも、「合格」を手に入れるためには何にでもすがりたいのが本音、かもしれません。 もちろん勉学に励むことが受験合格への近道ではありますが、どれだけやっても試験当日まで不安...

  • 勉強 大学受験は何校くらい受けるべき? 私立大学・国公立大学の併願受験における受験校の選び方

    人生の大きな節目と言える大学受験。多くの受験生たちがどの大学や学部を受験するべきか悩んでいることと思います。 受験生のなかには、かたくなに「行きたい大学、学部しか受けたくない。そうでなければ大学に入る意味がない!」と考える人...

新着記事をもっと見る