勉強

受験生が親に求めているのはこんなこと!受験生のプレッシャーを取り除くには

家のなかに受験生がいると、親としてはできる限り協力してあげたいものです。しかし実際に、受験生本人がどうしてほしいのか、分かるような分からないような……。

勉強する受験生

そこで、受験生が家族に求めていることを調べて、以下にまとめてみました。

とりあえず聞いてあげる

ある日突然、「もう受験を辞めたい」なんて受験生が口にしたら――親なら当然うろたえます。

しかしそこで頭ごなしに怒鳴ってしまっては、ストレスで精神的にもろくなっている受験生は、ますます心を閉ざしてしまうことに。

まずは冷静に「話を聞いてあげる」雰囲気を作ってあげましょう。そして受験生の話に「同調」「共感」を示し、いわゆる「愚痴の聞き役」になってあげましょう。

受験生の場合、友人たちはライバルでもあります。そのため、(別の事なら友人に愚痴ったり相談したりできるとしても)「勉強」や「試験の結果」、「受験への不安」などは、誰にも言えずに、自分の内側に溜め込んでしまいがちなのです。

親御さんに少し話をしてスッキリする程度なら、どんどん話を聞いてあげてください。受験生の精神的な支えは、やはり家族なのですから。

とりあえず褒めて喜ぶ

ちょっと試験の点数がいつもより良かっただけで、おおげさに喜ぶなんて――という親御さんがいらっしゃいます。

しかし、子供のことを心から応援しているのは、親御さん以外にはいないのです。そして子供もまた、一番喜んでもらいたいのは「自分の親」なのです。

親がほんの少しの変化に気づき、褒め、喜ぶ姿を見せることで、受験生は(見た目はクールな振りをしていたとしても)「よし、次はもっと上を目指すぞ」と勇気付けられます。

「親がいつでも見守っている」という事実を、きちんと言葉や態度で示してあげましょう。

とりあえず導く

年齢が低い受験生の場合、勉強を見てあげる親御さんはいらっしゃると思います。

しかしその場合、だんだんと親のほうがヒートアップしてしまい、「なぜこんなことが分からないの」「これはこうでしょ」「こんな簡単なことが……」などの言葉をぶつけてしまうことはないでしょうか。

これでは受験生のやる気を無くすどころか、貴重な勉強時間を無駄にしてしまっています。なぜなら「親御さんの勉強時間」になってしまっているからです。

もしも勉強を見てあげるならば、「解答へ導く」程度に留めましょう。たとえば、重要なワードが出てくれば、そこにラインを引かせて、総合的に考えるヒントを与えたりなど、「子供が自分で考える」力を養ってあげてください。

家族が一丸となって

受験生は、もしも見た目はこれまで通りだったとしても、内面では日々プレッシャーと戦っています。

受験生とその親

そのため一番近くにいる(べき)親が、心ない言葉や態度でさらに追い打ちをかけるのは、百害あって一利なし。受験生を含む家族が一丸となって、一生を決めるかもしれない大事な受験に向かっていければいいですね。

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る