勉強

集中力アップに効果的なサプリメントって?脳の働きを上げる要因・成分の予備知識

「子供の集中力がなくて、全然勉強してくれない」「やる気がないのは性格の問題?」なんて心配をしている親御さんはたくさんいらっしゃいます。

勉強に集中できないこども

私も自分自身のことは置いておいて、子供たちの集中力の散漫さには、手を焼いたものです。そこでなんとか出来ないものかと、まずは「集中力(合わせて記憶力も!)=脳の働き」と考えて調べてみました。

するとやはりと言うべきか、脳の働きをアップさせるのに有効な成分「ブレイン・フード」というものがあったのです!

まずは馴染みのある成分から

ビタミンC、ビタミンEと聞いて、「美容・健康には良さそうだけど、勉強には関係ないでしょ~」と思われる方、待ってください! 活性酸素という言葉を耳にしたことはないですか?

活性酸素とは、簡単に言えば「身体をサビさせる(=酸化)力の強い酸素」のこと。呼吸によって体内に取り入れられた酸素の約2%がこの活性酸素になります。

では「身体をサビさせる」とはどういう意味かと言うと、「細胞を老化させ、衰えさせる」と言い換えられます。そしてその細胞の中には、脳細胞も含まれるのです!

そこで活躍してくれるのが、ビタミンC、ビタミンE。これらは活性酸素が脳細胞を老化させるのを防ぎ、脳の働きを促進させる強い味方です。肌への効果と同じく即効性はないですが、長い目で見た場合には安全で有効な成分ですよね。

※美容関係のサプリメント成分として広く流通している「トコトリエノール」も、実はビタミンEの一種。別名「スーパービタミンE」と呼ばれており、その強い抗酸化力に注目が集まっています。

しかしトコトリエノールは限られた植物油(ココナッツオイル、米ぬか油など)にのみ含まれているため、食事のみで摂取するのは非常に難しいといえます。このような「含有食材が限定される」成分は、手軽に摂れるサプリメントを有効活用したいものです。

別名「脳の栄養素」とは

脳内の神経細胞の衰えに効くと、ここ数年注目されている成分が「ホスファチジルセリン」です。

ホスファチジルセリンとはリン脂質の一種であり、人体を形成する全細胞の細胞膜を(タンパク質とともに)構成している成分。細胞に栄養素を取り入れ、老廃物を排出するなど、細胞を正常に保つために重要な機能を果たします。

脳のスキャン画像

人体の中では、脳内に最も存在するホスファチジルセリン――この成分は脳の血流を良くする機能もあります。そのためホスファチジルセリンが脳内に多くあればあるほど、脳細胞の新陳代謝は活発化し、神経伝達物質が多量に作られます。

そのため加齢により減少するホスファチジルセリンを外から取り入れ続けると、いわゆる物忘れやストレス状態が改善され、集中力・記憶力が高まると言われています。また現代では低年齢化も懸念される「うつ」症状やADHD(注意欠陥多動性障害)の改善効果も期待されています。

しかしホスファチジルセリンは肉類、豆類に含まれているとはいえ、その量はかなり少なく、また毎日摂取し続けなければ(代謝により)欠乏しやすい性質があります。

つまりは、ホスファチジルセリンを食品から必要分摂取するのは至難の業。そこで最近では、大豆を原料とした「植物性ホスファチジルセリン」をつかったサプリメントが、受験を控えたお子さんやお仕事などでストレスの多い社会人、また脳の働きを高めたい高齢の方など、幅広い年代の脳を気遣う方に大人気なのです。

副作用もなく健康的に集中力がアップするサプリメンの代表格とも言える存在ですね。

記憶を司る「海馬」に多い成分とは

魚が頭に良い、というのはもはや定説になっていますが、これはDHA(ドコサ・ヘキサエノイック・アシッド。またはドコサヘキサエン酸)という成分が魚の脂肪部分に多く含まれているから。

DHAとは必須脂肪酸であり、アラキドン酸、EPAと同じく「オメガ脂肪酸」に含まれます。私たち人間の脳は約半分が脂肪であり、その4~5%がDHA。さらに驚くべきことに、記憶を司る脳の一部「海馬」には、脳内の他の部分より2倍以上もDHAがあるのです。

そのため、DHAを摂取することで、記憶力アップが望めるのです。

また、脳の神経細胞は35歳を過ぎるとどんどんとなくなっていくのですが、DHAは脳内のNGF(神経成長因子)の生産を促進し、神経細胞を活性化してくれる働きもあるのです。

DHAは、摂取すると血液と共に脳に届けられます。脳に入ることができるのは、選別されたごく少数の成分のみ。しかし当然DHAは脳(特に海馬)に入っていくことができます。

ホスファチジルセリンと同じく、お子さんから中高年の方まで脳を元気にするために、食材やサプリメントを使って積極的に取り入れてほしい栄養素のひとつです!

輪になる3世代

他にも記憶力アップにはマグネシウム、脳の疲労回復にはLアルギニン、タウリン、亜鉛などの成分が挙げられます。食品だけでは補えきれないこれらの有効成分。今ではサプリメントが手軽に試せるため、お子さんやご自身の集中力・記憶力が気になるなら、1日でも早く取り入れていきたいものですね。

「ベテランママ」の勉強新着記事

新着記事をもっと見る