身長

低身長をよく理解して、未来を大きく広げてあげましょう

子供のことになると、あれもこれも気になって、他のお子さんとついつい比べてしまうことってありますよね。その中のひとつに、子供の低身長を挙げられる親御さんも多いのでは?

草原で遊ぶ子どもたち

かく言う私がそうなのです。実は私自身がずっとクラスで一番のちびっ子。我が子たちもみな一様に小柄で、クラスで背の順に並べばいつも先頭です。夫もどちらかと言うと背が低いため、やっぱり遺伝はどうしようもないのでしょうか。

両親の身長から子供の成人時の身長(最終身長)を予測

遺伝と身長の関係を調べると、子供の最終的な身長を予測(あくまで予測の範囲ですが)できる簡単な計算式「Target Height法」を見つけました。両親の身長を簡単な計算式に当てはめるだけなので、すぐにでも子供の最終身長を算出できます。

●Target Height法の計算式
女の子:(父親の身長 + 母親の身長 -13)÷2
男の子:(父の身長 + 母の身長 +13)÷2

例)父親が170cm、母親が150cmの場合
女の子:(170+150-13)÷2 = 153.5cm
男の子:(170+150+13)÷2 =166.5cm

※ただし、プラスマイナス8cm程度が考えられる範囲とのことです。かなり幅があり、実際にこの計算結果に子供の最終身長が全く当てはまらないケースも多々あります。

そのためあくまで「予測」と捉え、早い段階で「我が子はやっぱり低身長なんだ……」とあきらめたり、反対に「父親が高身長だから、子供の計算結果も高身長だった!」と喜んだりしないように、気をつけないといけません。

低身長症とは

やはり身長は遺伝からの要因がそれなりに関わっているようですね。しかし中には単に「背が低い」「成長が遅い」のではなく、身体疾患のひとつである「低身長症」の懸念もあるのです。

低身長症とは、主に骨の成長に関わる「成長ホルモン」や「甲状腺ホルモン」などのホルモン分泌が充分ではなく、標準的な身体的成長が妨げられている疾患のこと。

他には「SGA性低身長症」という、生まれる段階で標準よりも小さく、その小柄なままで成人身長となる症状や、骨・軟骨の成長異常の総称である「軟骨異栄養症」、染色体異常の「ターナー症候群」(女児のみに起こる)、さらには「愛情遮断症候群」(愛情不足のストレスからくる睡眠障害が原因)といった精神的な疾患なども挙げられます。

成長曲線とは

低身長かどうかの目安を知る手段として、母子手帳にも記載されている折れ線グラフ「成長曲線」があります。これはインターネット上でも入手できるため、すぐにでもチェックすることが可能です。

赤ちゃんと母親

成長曲線とは、子供たちの身長・体重データを集め、年齢・月齢別に平均値と標準偏差(SD)を折れ線グラフに表したモノ。ご自身のお子さんの身長が、同年齢における平均値とどの程度離れているのかを見てみましょう。

もしも2歳以上で「-2SD」よりも下であり、標準的な成長曲線に沿っての成長が見られない場合は、低身長症である可能性が高いと言えます。

早めに受診を

もしかして低身長症なのでは……、と思われた場合は、お子さんが思春期になる前に専門医に見てもらうことをお薦めします。たとえば成長ホルモン分泌不全症の場合は、やはり脳の下垂体によるホルモン分泌機能が関係しているため、思春期以降になると治療が難しいようです。

なお、小児慢性特定疾患に当たる場合は、医療費の助成制度もあるとのこと。医療機関や自治体などに、低身長の問題も含め、そのあたりの支援制度についてご相談されてみてはいかがでしょうか。

たとえば成長ホルモン分泌不全症の場合、成長ホルモン薬剤を投与する治療があります。しかしこの治療はかなりの高額。そこで治療を受けられる基準を満たせば、公的保険診療を行うことができ、自己負担が2~3割(年齢による異なる)となります。

やはり身体的な懸念は、お子さんにとっても親御さんにとっても、長期的に関わる重要なこと。早めに専門医のアドバイスを受けて、出来る限りのサポートを受けてみてください。

低身長を受け入れつつも出来ることを続けて

ではいわゆる疾患でなく、背が低い場合は、どうにも手立てはないのでしょうか。

私の場合、まずは親としてサポートしやすく、しなくてはいけない栄養面を気にしています。どのような栄養素が子どもの成長にとって有益なのか、家族の健康を維持するためにも日々最新情報を調べているため、皆さんにもこのサイトで詳しくご紹介できればと思っています。

しかしもちろん、ただ身長が伸びればそれで良い、という訳ではありません。反対に、もしもどうしても成長が滞り身長が低いのならば、他の能力をぞんぶんに伸ばせば良いとも考えています。

手を繋ぎ合う子どもたち

しかし身長が低いことで自分の見た目にコンプレックスを感じたり、他の子たちとの体格差で悔しい思いをしたりするなら、成長にかかわる早い時期から手助けしてあげたいのが親心ですよね。

生まれつきの低身長を個性と受け入れつつ、「仕方がない」と簡単には受け入れない――親としてはこの両面の考え方をもって、まだまだ成長段階の子どもたちの未来(=可能性)を大きく広げていければと思います。

この記事の執筆者

朝井 裕子

小学生から中学生の3人の子供(息子2人、娘1人)を育てている専業主婦。
以前は看護師だったこともあり、子供の成長に関するあらゆる分野に興味津々。
子供の成長・学習・学校に関する情報やノウハウを伝えていきます!

「ベテランママ」の身長新着記事

新着記事をもっと見る